信用取引による買建てでは、投資者は証券会社から融資を受けて 証券・株券を買い付けます。現引きとは、投資者が証券・株券の買 付相当額を証券会社に支払い、担保となっている証券・株券を引き 取ることを指します。現引きが行われるのは、投資者が株価の値上 がりを見込んで信用取引で株を買ったものの、実際には株価が上が らず、株を売却しても融資分が返済できない、あるいは十分な利益 が上らない場合です。こうした状況で現引きを行うと、投資者は 株の値下がり分が損失となりますが、原株を所有しているわけですから、いずれ値上がりしたときには損失を取り戻せる可能性が あります。

反対語:現渡し