ふりがな ふりがな
(読み仮名)
かくていきゅうふきんがたねんきん

あらかじめ将来の年金支給(給付)額が決められ、積立てた資金が予定利率で運用されることを前提に保険料が定められている仕組みの年金のこと。従来の日本の年金の多くは、このスタイルでした。