東証、大証、名証には、第一市場と第二市場があります。企業が上場する際、まずは二部に上場。その後1年以上が経過して発行株式数や株主数などが一定の基準を満たすと、一部に上場することができます。NTTやJR各社のように最初から1部へ上場する銘柄もあります。また、一部上場企業もディスクロージャーや株主数が一定基準以下になると二部に指定替えされます。一部から二部への指定替えが行われる際には、1年間の猶予を設け、その間に基準値を満たすまでに達すれば一部に残ることができます。