アメリカ合衆国の中央銀行である米連邦準備制度において、ワシントンDCに駐在する7人の理事によって構成される理事会。
各地区の連邦準備銀行総裁5人を加えた計12人で米連邦公開市場委員会(FOMC: Federal Open Market Committee)を構成し、フェデラル・ファンドレート(FF金利)の決定などを行う。