自治体に関係の深い公金取り扱い銀行、共済組合などが引き受ける地方債です。公募地方債を発行できるのは東京都や大阪市など28団体に限られているため、民間機関を引き受け手とする地方債のほとんどがこれに当たります。