市場で金詰まりがひどくなっているときに、中央銀行が市中から証券を買上げて資金を放出することをいいます。