信用取引上、証券会社が売方顧客に対して貸し付ける株のこと。通常、証券会社は証券金融会社からその売付け株式を借り入れ、顧客にその株式を貸し付けることが多くなります。この方法で必要な株券の全部が調達できなければ、不足する株券を金融機関など外部から調達します。このように株式が調達される市場を「貸株市場」と言います。なお、賃借取引で証券会社が証券金融会社から借り入れた株券の売却代金は、証券金融会社に担保として預託されます。これを「貸株代り金」と言います。また、賃借取引で証券金融会社が証券会社に貸し付けている株式の総額を「株残高」と言います。貸株残高は銘柄ごとに毎日発表され、その増減状況は株価材料の一つとされています。