信用取引の継続中に顧客が差し出す追加担保のこと。買った銘柄が下がったり売った銘柄が上がったりすることで評価損が発生したり委託保証金の代用有価証券が値下がりすることで、委託保証金の額から損失料と顧客負担金(委託手数料等)を差し引いた残額が、その信用取引の約定金額の20%を下回った場合に発生します。その時点から翌々日の正午までに、信用取引の約定金額の20%を満たす金銭か代用有価証券を追加して差し入れなければなりません。