長・短借入金、手形割引料、社債など有利子負債と、受取利息や 投資した有価証券の配当金などの差し引き額のこと。 借入金の増大によって金利負担が増えると、金融収支が大幅のマイナスになり業績に重大な影響を与えてしまうので、注意が必要です。