金融商品の取引に関するトラブルから消費者を保護するため、2001年に施行された法律。金融商品販売業社に対して、商品のリスクなど重要事項を消費者に説明する義務などを定めている。