サイバー犯罪の一つ「CNP詐欺」

CNP詐欺とは、クレジットカードに関する詐欺で、カード情報を搾取した犯罪者がクレジットカードを提示する必要ないオンライン決済などの支払いを行う詐欺です。

CNP詐欺は、Card-not-present詐欺の略です。

一部の専門家は、CNP詐欺を含むインターネット詐欺によって、これからの5年間で、約700億ドル以上、日本円にして7兆円を超える規模の資産が世界中で失われると予測しています。

仮想通貨のP2Pで問題を解決?

P2Pの取引が可能なブロックチェーンシステムを利用した仮想通貨 (暗号通貨)なら、これらの詐欺を対策できる現実的なソリューションを実現できると考えられています。