ふりがな ふりがな
(読み仮名)
いーえすじー
スペルEnvironmental, Social and Governance

ESG (Environmental, Social and Governance)とは、

  • Environment (エンバイロメント、環境)
  • Social (ソーシャル、社会)
  • Governance (ガバナンス、企業統治)

以上、3つの単語の頭文字を合わせた言葉です。

関連用語: ESG投資

3つ目の企業統治は、「ガバナンス」とカタカナで書かれることのほうが多いかもしれません。

Environment (エンバイロメント、環境)とは

ESGにおけるEnvironment (エンバイロメント、環境)とは、例えば最初の環境は、環境への配慮を十分行なっている企業のことです。

エンバイロメントは、具体的には、

  • 温室効果ガスの削減量を減らす。
  • 生産活動の後に残るゴミを削減する、

など環境保護に積極的に取り組む企業が該当します。

Social (ソーシャル、社会)とは

ESGにおけるSocial (ソーシャル、社会)とは、2つ目の社会は社会貢献を積極的に行なうことを意味します。

簡単なソーシャルには、

  • 地域の清掃をしたりする活動が社会貢献活動になる。
  • あるいはサービス残業をなくしたり、
  • 障害者を雇用する

など雇用面での社会への貢献も含まれます。

Governance (ガバナンス、企業統治)とは

3つ目のガバナンス(企業統治)は、最近企業の不祥事が相次いでいるのですでに何度も聞いている言葉かもしれません。

ESGにおけるガバナンスは、粉飾決算や不正行為など、違法な行為を防ぐために正しい方法での企業の統治に取り組むことを意味します。

例えば社外取締役の割合を増やしたり、情報開示を積極的に行なうことで、企業のガバナンスを高めることができます。