① Economic Value Addedの略。経済的付加価値のこと。営業利益から、税金、配当金、金利などの資本コストを差し引き、企業が資本を使って生み出した価値を示す指標です。株主が投下した資本に求められる期待収益率を、コストとして人件費などと同様に扱っているのが特徴。一般に使われているROE(株主資本利益率:純利益を株主資本で割り、株主から預かった資本でどれだけ利益を上げたかを示す指標)に対し、事業に投下した資本の収益率が、資本を預けている株主の要求する収益率を上回らなければ、EVAの数値はプラスにはなりません。つまり、収益力を反映した株価格差を明確に見るための指標です。

② 経済的付加価値のことです。EVA=税引き後営業利益−資本コスト(株主期待収益+負債金利等)
資本コストを税引き後営業利益が上回った時に価値を生んだとします。株主が期待する利益率を評価の基準にしており、株主重視の指標といえます。