レバレッジ制限 目次

レバレッジ制限とは、レバレッジ口座(レバレッジを利用して投資できる取引口座、証拠金口座やマージン口座とも)において、本来利用できるレバレッジよりも低いレバレッジに強制的に制限されることをいいます。

レバレッジ制限が適用されるとレバレッジが通常よりも低くなることで、必要証拠金が多く必要となったり値動きに対するリスクとリターンが小さくなるという影響があります。

レバレッジ制限の適用条件

海外FX業者やご利用のレバレッジ口座により細かい設定は異なりますが、取引口座へのレバレッジ制限適用には、以下のようないくつかの条件が設けられています。

  • 預託証拠金が高額である
    対象の取引口座内の証拠金残高が、条件よりも上回ってしまった場合
  • マーケットのボラティリティが高い
    相場の急変や指標発表の前後など、マーケットのリスクが高まる(高まっている)と想定される場合

海外FX業者がレバレッジ制限の細かい適用条件を公開していることもありますが、海外FX業者によっては、特別な制限を用意しておらずトレーダーの取引状況と取引環境への負担次第で個別にレバレッジ制限を設ける場合もあります。