ふりがな ふりがな
(読み仮名)
のーでぃーりんぐですく
スペルNo Dealing Desk

トレーダーが市場でダイレクトに取引するスタイル

NDDとは、FXのマーケットにおける取引方式の一つで、No Dealing Desk (ノーディーリングデスク)の略です。

証券会社などの市場 (マーケット)とトレーダーが直接やり取りをする方法で、ノミ行為などが発生しない透明性の高い取引方式・取引方法です。

NDDの反対は、DD (OTC)

NDDの反対に、海外FX会社が、トレーダーと市場との中間で取引のハンドリングをする方式を、DD (ディーリングデスク)または OTC (オーバーザカウンター (Over The Counter))と呼びます。

海外FX会社 (海外FX業者 または ブローカー)が、顧客であるトレーダーから、注文を受けて、市場に流すやり方になるため、NDD方式と比べると透明性が低く、実際には市場へ発注注文・決済注文がされていないノミ行為などが行われる可能性が否めません。

NDD方式は、ECNとSTPに分けられる

NDDは、さらに細かく2つの種類の取引スタイル (取引環境)に分けることが出来ます。

  • ECN (Electronic Communications Network)
    ・・・FX会社の私設取引所におけるオークション形式に似た取引環境
  • STP (Straight Through Processing)
    ・・・FX会社の用意したシステムを介してマーケットにダイレクトアクセス

それぞれの発音は、ECNは「イーシーエヌ」、STPは「エスティーピー」と呼びます。

一般的にECNでは、顧客であるトレーダーと、リクイディティプロバイダー (LP (Liquidity Provider))や市場提供元と呼ばれる金融機関が、直接取引を行うためにFX会社が環境・場所を用意するため、取引の度に、海外FX会社に対して取引手数料が発生する取引口座タイプが該当します。

また、NDD方式採用で、取引手数料がないが、スプレッドが取引手数料の発生する口座より広い取引口座タイプは、STPとなります。

約定力が高く、スリッページやリクオートが発生しない特徴

NDDの特徴は、ダイレクトに市場と取引が出来る環境からもたらされる2つのメリットがあります。

  • スリッページ (Slippage)が発生しにくい
  • リクオート (Requote)が発生しにくい

NDDなら、約定力 (約定率)が高くなり、約定拒否が起こらないことが魅力と説明させれ、DDより圧倒的に優れているように説明・解説されますが、多くの海外FX会社の内部では、NDDとDDの二つの取引方法を複雑に構成していますので、DDだから詐欺、吞み行為で、品質が低いということは断言できません。

STPとECNの違い