トレーダーと市場をダイレクト接続

NDDとは、FXのマーケットにおける取引方式の一つで、No Dealing Desk (ノーディーリングデスク)の略です。

証券会社などの市場 (マーケット)とトレーダーが直接やり取りをする方法で、ノミ行為などが発生しない透明性の高い取引方式・取引方法として評判です。

NDDの反対は、DD (OTC)

取引の処理方式・プロセス (執行方法)には、下記のようにいくつか種類があり、それぞれ違いがあります。

  • DD/OTC: FX会社が注文を仲介
  • NDD: 仲介なしで注文が市場に
    • ECN: プライスマッチングシステム
    • STP: 市場提供元とトレーダーが取引
      • Instant Execution
      • Market Execution
        (Direct Market Access)

NDDと違い、海外FX会社が、トレーダーと市場との中間で取引のハンドリングをする方式を、DD (ディーリングデスク)または OTC (オーバーザカウンター/Over The Counter)と呼びます。

海外FX会社 (海外FX業者/海外FXブローカー)が、顧客であるトレーダーから、注文を受けて、市場に流すやり方です。

そのため、NDD方式と比較すると透明性が低く、実際には市場へ発注注文・決済注文がされていない呑み行為などが行われる可能性が否めません

NDD方式は、ECNとSTPに分けられる

NDDは、さらに細かく2つの種類の取引スタイル (取引環境)に分けることが出来ます。

ECN (Electronic Communications Network)
FX会社の私設取引所におけるオークション形式での取引環境
STP (Straight Through Processing)
FX会社のシステムを介してマーケットにダイレクトアクセス

それぞれの発音は、ECNは「イーシーエヌ」、STPは「エスティーピー」と呼びます。

ECN方式では、取引手数料が発生する

一般的にECNでは、顧客であるトレーダーと、LP (Liquidity Provider/リクイディティプロバイダー)や市場提供元と呼ばれる金融機関が、直接取引を行えるように、FX会社が環境・場所を用意するため、取引の度に、海外FX会社に対して取引手数料が発生します。

そのため、NDD方式採用の海外FX会社で、取引口座タイプによっては、取引手数料 (コミッション)が発生しますが、それはNDD/ECN方式の注文処理が行われているためです。

多くの場合、取引手数料が発生する代わりに、次のNDD/STP口座より、ゼロスプレッドなど、狭いスプレッドが提供されます。

STPは、更に2種類のカテゴリがある

NDD方式採用で、取引手数料は発生しないが、スプレッドが取引手数料の発生する口座より広い取引口座タイプは、STPとなります。

ただし、STPは更に2つのタイプに分けられます。

Instant Execution
FX会社で一度注文を受け、即時マーケットで処理されます
約定拒否なし、スリッページなしが実現されます
Market Execution/Direct Market Access
一切のブローカー (仲介人)を介さず、LPへ注文が流れます

Instant Executionの方法では、一旦、トレーダーが行った注文がFX会社で消化されるため、NDDではない、DD (OTC)方式のような方式だと解説・説明されることがあります。

高い約定力で、滑らない、NDD

NDDの特徴は、ダイレクトに市場と取引が出来る環境からもたらされる2つのメリットがあります。

  • スリッページ (Slippage)が発生しにくい
  • リクオート (Requote)が発生しにくい

NDDなら、約定力 (約定率)が高くなり、約定拒否が起こらないことが魅力と説明させれます。

そのような特徴・強みから、DDより圧倒的に優れているように説明・解説されます。

しかし、多くの海外FX会社の内部では、NDDとDDの二つの取引方法が複雑に構成されています。

つまり、DDだから詐欺、吞み行為で、品質が低いということは断言できません

STPとECNの違い