配当性向のこと。税引後利益のうち、配当金としてどのくらい支払われているかを百分率であらわしたものです(税込利益がベースになることもあります)。
計算式は、
(配当金支払額/税引利益)×100
となります(配当支払率と呼ばれることもあります)。
配当政策をあらわす指標であり、配当余力を判断するために用いられています。しかし、最近では時価発行増資が盛んになる流れに伴って、増資後の利益還元についても、「発行会社が増資後一定期間の配当性向の水準を公約して利益配分を行う」といった公約配当性向の考え方を要請する動きも見受けられます。