Return On Asset(リターン・オン・アセット)の略。総資本利益率、総資産利益率のこと。利益を総資本(総資産)で割った、総合的な収益性の財務指標。企業に投下された総資本(総資産)が、利益獲得のためにどれほど効率的に利用されているかを見るものです。
計算式は、 売上高利益率(利益/売上高)×総資本(総資産)回転率(売上高 /総資本)となります。
分子の利益は、当期純利益を用いるのが一般的ですが、営業利益 や経常利益などの場合もあり、分母の総資本は通常賃借対照表上の 総資産(先物・オプション・スワップなどのオフバランス取引上の資産を含むこともある)で計算し、総資本(総資産)営業利益率・ 総資本(総資産)経常利益率・総資本(総資産)純利益率と、それぞれ定義されます。総資本(総資産)利益率を高めることは、利益率の改善(費用・コストの削減など)または回転率の上昇(売上高の増加など)によって実現されるので、実際の会計では総資本を総資産として把握することが多くなります。米国では企業の収益性を判定するのに、ROA(総資産利益率・総資産収益率)やROE(株主資本利益率)がよく用いられています。