Secure Sockets Layerの略。ネットスケープ・コミュニケー ションズが開発した、ブラウザとサーバーで暗号化したデータをやり取りする業界標準規格のこと。専用ソフトは不要で、通信回線上にデータを流す前に暗号化を行い、サーバーがそのデータを受信した後に暗号を解くことで、内容の漏洩を防ぎます。1998年より米国商務省の方針緩和を受け、金融機関に限り128ビット版SSLの使用が認められました。しかし、SSLだけでは本人確認ができず、他人になりすまして利用できてしまう、という欠点も残されています。