2011年サービス開始のeウォレット

ePayments (eペイメント)は、2011年設立、ロンドン拠点のデジタルペイントサービスです。

プラットフォームの完成度が高く、手軽に、世界どこででも送金・決済といった高度な金融サービスを利用できます。

イギリスFCAという、取得難易度の高さでも有名な英国金融行動監視機構 (Financial Conduct Authority)へ登録が完了していることは、他のウォレットと比較しても大きな強み・メリットです。

ePaymentsまとめ一覧

1年間の取引総額は、35.5億ドルを超え、9年目にしてユーザー数も、643,445人に達しています。

オンラインウォレット
(ewallet)
ePayments
(イーペイメント)
サービス開始年 2011年
ライセンス
(レギュレーション等)
  • イギリスFCA
  • Mastercard Principal Member
  • SWIFT User *
  • SEPA Member
  • PCI DSS Certified
ユーザー数 643,445人
(2019年4月)
年間取引総額 35.5億ユーロ
(2017年)
言語対応
  • 英語
  • スペイン語
  • ロシア語
利用企業 1,000社以上
* SWIFT送金 (スイフト送金)では、米ドル: USDおよびユーロ: EUR、ポンド: GBP、ロシアルーブル: RURが利用できます。
** IBANコードでのユーロ送金は、168国に対応しています。

ePayments 公式サイト

日本国内送金も対応

ePaymentsが、10カ国以上のローカルバンクへの送金が可能で、日本円での日本国内送金 (日本国内の銀行口座への送金)にも対応しています。

提供企業には、海外FX会社も

アフィリエイトの支払い受取りなど、インターネット上での決済分野に特化したサービスを続け、現在 100カ国以上でサービスの提供が行われています。

ePayments決済に対応している提携企業は、1,000社を超えており、その中には、次の海外FX会社 (海外FX業者/海外FXブローカー)もあります。

各社の海外FX口座 (海外口座/取引口座)への入金方法・出金方法として、利用できます。

また、他のオンラインウォレットとも提携しています。

国をまたいだMLM (マルチレベルマーケティング (要はねずみ講))の報酬支払い手段としても一定の人気があります。

海外FX会社一覧

MasterCardブランドのプリペイドカード

ePaymentsでは、MasterCardのブランドのプリペイドカード (デビットカード)を発行しています。

ePaymentsをご利用の場合には、最初にお申し込みください。

*** ePaymentsの会員ページは、2016年10月現在、日本語には対応していません。

eePayments (epayments.com)

よくある質問

ePaymentsの口座開設は無料ですか?

ePaymentsで取引口座を開設するにあたって、料金はかかりません。

ePaymentsは、eペイメントと読みます。

ePaymentsは、 イギリスを登録拠点とするオンライン・ウォレットです。登録住所は、17 Cavendish Square, Ground Floor Office, London, United Kingdomです。

ePaymentsは、日本語に対応していません。ePaymentsが日本語に対応した際は、会社情報ページにてお知らせします。

ePaymentsは、UK:FCAの1つの金融ライセンス(許認可)を保有しています。
※ご紹介している金融ライセンスの項目には、許認可の他、準拠している国際ルール等を含みます。

ePaymentsは、現在、口座開設キャンペーンを行っていません。ePaymentsで実施している最新のキャンペーンにつきましては、キャンペーンページをご確認ください。

ePaymentsでは、現在、キャッシュバックを行っていません。

ePaymentsは、現在、入金ボーナスを行っていません。ePaymentsで実施している最新のキャンペーンにつきましては、キャンペーンページをご確認ください。

ePaymentsは、イギリスに登録を置くオンライン・ウォレットです。ePaymentsは、2011に営業を開始した金融会社です。

共有