日本語対応の電子ウォレットです

STICPAYとは (スティックペイとは)、イギリスの金融当局であるFCAへの登録下で、23ヵ国の法定通貨と、3種類の仮想通貨が利用できる電子マネー/オンライン決済サービスです。

STICPAYは、2017年にサービスをスタートしています。

スピーディーでシンプル、かつ安全な決済手段として利用できる評判です。

日本語対応なので、日本人の方でも、安心してご利用いただけます。

**** 運営法人 (運営会社)は、キプロスおよびイギリスに拠点を構えるSTIC FINANCIAL LTDです。また、レギュレーション/ライセンスは、FCA (Financial Conduct Authority/金融行動監視機構)となります。登録番号は、902112です。

ネットショッピングでも利用できます

STICPAYとは、オンラインウォレットやネットバンキング、eWallet、FinTech (フィンテック)と呼ばれるサービスです。

オンラインショッピング時の支払いや、海外FXの資金送金などで利用されています。

お客様は、銀行振り込みやクレジットカードで、電子マネーにチャージするようにSTICPAYに入金できます。*

そして、FX取引やショッピングを楽しむことが出来ます。

* 銀行振込による入金時は、海外の銀行口座への米ドルなど日本円以外の通貨に変換しての送金が必要となります。さらには、海外送金 (外国送金)時に発生する仲介手数料 (リフティングチャージ)などにご注意下さい。また、クレカで入金する場合は、事前にクレジットカードの登録が必要となります。

海外FX業者で続々と導入されています

2017年の登場以後、多くの海外FX会社 (海外FX業者)や仮想通貨取引所で導入されています。

Neteller (ネッテラー)やSkrill (スクリル)の日本市場撤退後、海外FX口座の入金、出金は、非常に不便を強いられてきました。

STICPAYは、そんな海外FXの取引口座の入出金に早くも欠かせないものとなっています。

STICPAY対応 海外FX会社一覧

SticPayの対応通貨は全 26種類です

SticPay Online eWallet Services Deposit Japanese yen Fiat Withdraw Crypto Currency Bitcoin Ethereum Litecoin BTC ETH LTC USD

SticPayでは、eウォレットとして、次の通貨単位を保有し、海外FX口座やネットショッピングでの支払いが出来ます。

23種の取り扱い法定通貨
日本円 (JPY)
米ドル (USD)
ユーロ (EUR)
オーストラリアドル (AUD)
スイスフラン (CHF)
人民元 (CNY)
イギリスポンド (GBP)
韓国ウォン (KRW)
ロシアルーブル (RUB)
タイバーツ (THB) ほか
3種の取扱い仮想通貨
ビットコイン (Bitcoin: BTC)
イーサリアム (Ethereum: ETH)
ライトコイン (Litecoin: LTC)
*** SticPayのWallet内では、法定通貨も仮想通貨 (暗号通貨)も同時に保有することが出来ます。ただし、下記のように両替/交換/換金できるパターンが限られていますのでご注意下さい。

  • 法定通貨から法定通貨: 〇
  • 仮想通貨から法定通貨: 〇
  • 法定通貨から仮想通貨: ×
  • 仮想通貨から仮想通貨: ×

Netellerからの資金撤退も出来ます

STICPAYでは、各種オンラインウォレットからの資金送金に対応しています。

Netellerから、STICPAYに、お持ちの資金を移すことも可能です。

STICPAYカードの新規発行も再開

STICPAYは、STICPAYカードと呼ばれるプリペイドMasterCardを発行しています。

STICPAYは、一時新規発行を停止していたSTICPAYカードのサービスを再開しています。

STICPAYカードの発行申請は、口座残高 50ドル (約5,000円)という発行条件クリアだけで、だれでも可能です。

STICPAYカードとは、UnionPayのプリペイドカード (デビットカード)で、日本でも発行可能です日本でも発行していましたが、2019年から新規発行を停止しています

STICPAYカード残高とSTICPAY eWallet口座残高は同じ金額となり、キャッシュカードのようにATM機での現金引き出しが行える便利な機能があります。

日本に限らず、世界中のMasterCard対応のATMから出金できるため、海外FXの利益を世界中で利用できるメリットが口コミで評判です。

***** STICPAYカードは、一時新規発行を行っておりませんでした。2019年春より再開していますが、以前とはクレジットカードブランド (クレジットカード会社)が異なります。以前は、MasterCardでしたが、現在は、UnionPayです。

SCOINで高い手数料もお得に

STICPAYのプリカ発行は終了しましたが、新しいサービスとしてSCOINの発行を行っています。

SCOINとは、仮想通貨 (暗号通貨)で、サービスで発生した手数料の数%分をコインとして受け取れます。

そして、30 SCOIN溜まったら、米ドルの 30ドルとして利用できます。

bitwalletなどの比較して、手数料が高いと口コミや評判にありますが、近い将来、SCOIN (Sコイン)が本格的に仮想通貨取引所への上場など、運用が開始されることで、手数料以上の価値が生まれることが期待されています。

入金手数料および出金手数料など、最新の正確な手数料については、STICPAYの公式サイトの「手数料」メニューからご確認ください。**

SticPay-Transfer-Online-eWallet-Money-SCOIN-Fee-Handling-JPY-Japanese-Yen

オフィシャルHPにある計算シミュレーションツールで可能に計算することも出来ます。

** STICPAYからの出金・送金は、日本円での国内銀行口座への送金も可能です (出金申請時に「国内銀行送金」を選択)。ただし、一時的に利用できない期間もあります。その場合は、外国銀行送金/国際銀行送金での対応となり、リフティングチャージ (仲介手数料)等が発生しますのでご注意ください。

STICPAY 公式サイト