日本語対応の電子ウォレットです

STICPAY (スティックペイ)は、オンライン決済サービスです。

STICPAYは、2017年にサービスをスタートしています。

スピーディーでシンプル、かつ安全な決済手段として利用できる評判です。

日本語対応なので、日本人の方でも、安心してご利用いただけますです。

ネットショッピングでも利用できます

STICPAYとは、オンラインウォレットやネットバンキング、eWallet、FinTech (フィンテック)と呼ばれるサービスです。

オンラインショッピング時の支払いや、海外FXの資金送金などで利用されています。

お客様は、銀行振り込みやクレジットカードで、電子マネーにチャージするようにSTICPAYに入金できます。*

そして、FX取引やショッピングを楽しむことが出来ます。

また、MasterCard対応のATMから、現金引き出しもが可能です。

* 銀行振込による入金時は、海外の銀行口座への米ドルなど日本円以外の通貨に変換しての送金が必要となります。さらには、海外送金 (外国送金)時に発生する仲介手数料 (リフティングチャージ)などにご注意下さい。また、クレカで入金する場合は、事前にクレジットカードの登録が必要となります。

海外FX業者で続々と導入されています

2017年の登場以後、多くの海外FX会社 (海外FX業者)や仮想通貨取引所で導入されています。

Neteller (ネッテラー)やSkrill (スクリル)の日本市場撤退後、海外FX口座の入金、出金は、非常に不便を強いられてきました。

STICPAYは、そんな海外FXの取引口座の入出金に早くも欠かせないものとなっています。

STICPAY対応 海外FX会社一覧

Netellerからの資金撤退も出来ます

STICPAYでは、各種オンラインウォレットからの資金送金に対応しています。

Netellerから、STICPAYに、お持ちの資金を移すことも可能です。

STICPAYカードで現金出金可能です

STICPAYには、口座残高 50ドル (約5,000円)で申請可能なSTICPAYカードがあります。

STICPAYカートとは、MasterCardのプリペイドカード (デビットカード)で、日本でも発行しています。

STICPAYカード残高とSTICPAY eWallet口座残高は同じ金額となります。

STICPAYは、STICPAYカードと呼ばれるプリペイドMasterCardを発行しています。

STICPAYカードなら、MasterCardお取扱いの加盟店でのお買い物、オンラインショッピングが出来ます。

そして、ATM機での現金引き出しが行える便利な機能があります。

日本に限らず、世界中のMasterCard対応のATMから出金できます。**

入金手数料および出金手数料など、最新の正確な手数料については、STICPAYの公式サイトの「手数料」メニューからご確認ください。

オフィシャルHPにある計算シミュレーションツールで可能に計算することも出来ます。

** STICPAYからの出金・送金は、日本円での国内銀行口座への送金も可能です (出金申請時に「国内銀行送金」を選択)。

STICPAY 公式サイト