シンプルかつ見やすいUIのオンラインウォレット

STICPAY(スティック・ペイ)は、スピーディーでシンプルかつ安全な決済手段として利用できる日本語対応のオンライン・ウォレットです。*

お客様は、銀行振り込みやクレジットカードで、電子マネーにチャージするようにSTICPAYに入金することで、現実のお金のようにFX取引、ショッピング、現金引き出しなどが可能です。**

* オンライン・ウォレット(Online Wallet または eウォレット(eWallet))とは、銀行口座のように扱えるウェブ上のオンライン・バンキングのことです。
** 銀行振込による入金時は、海外の銀行口座への米ドルなど日本円以外の通貨に変換しての送金が必要となり、海外送金/外国送金手数料などが発生します。また、クレジットカードで入金する場合は、事前にクレジットカードの登録が必要となりますので、ご注意下さい。

Land-FXをはじめ海外FX業者でも続々と導入が始まる

2017年の登場以後、Land-FX(ランドFX)MyFX Markets(マイFXマーケット)などの海外FX業者で普及が進んでいます。

Neteller(ネッテラー)やSkrill(スクリル)の日本市場撤退後、非常に不便を強いられてきた海外FX口座の入出金ですが、STICPAYはそんな海外FX口座の入出金に早くも欠かせないものとなっています。

STICPAY対応 海外FX会社一覧

Netellerからの資金撤退できる

また、STICPAYでは、各種オンライン・ウォレットからの資金送金に対応しているため、Netellerの電子マネーをSTICPAYに移すことも可能です。

ATMで利用できるSTICPAYカード

STICPAYは、口座残高 50ドル(約5,000円)で申請可能なSTICPAYカードと呼ばれるプリペイドMasterCardを発行しています。

STICPAYカード残高とSTICPAY eWallet口座残高は同じ金額です。

STICPAYは、STICPAYカードと呼ばれるプリペイドMasterCardを発行しています。

STICPAYカードは、MasterCardお取扱いの加盟店でのお買い物、オンラインショッピング、ATM機での現金お引き出しなどが行える便利なプリペイドカード(デビットカード)です。

日本に限らず、世界中のMasterCard対応のATMから出金できます。***

入金手数料および出金手数料など最新の手数料については、STICPAYの公式サイトの「手数料」メニューから正確にご確認ください(シミュレーションも可能)。

*** STICPAYからの出金・送金は、日本円での国内銀行口座への送金も可能です(出金申請時に「国内銀行送金」を選択)。

STICPAY 公式サイト