世界最大の個人のオイルトレーダー達はCrude Oilは近い将来61%以上のさらなる落ち込みを経験するかもしれないと答えていました。
またアメリカの容赦ない介入は、USA経済の活性化への引き金にならないとの指摘も。。。

オイル市場は、現在少し過剰供給なところもあり、1度価格低下へ向かうと過去6カ月分のオイル供給50%へは影響があると思われますが、、VitolグループのCFOイアン・テイラーが“今後のアメリカからの供給は、採掘業者が仕事をしなくても止まることはないだろう。”と火曜日にコメントしたのも、まさにそれを証拠づけるようです。

ブレントクルードオイル(世界的な基準)は、今年に入り27%以上の回復に成功しましたが、まだまだ50%以上の損は残ります。でも、市場を動かすためにOPECとUSAからの介入により、これまで30年間になかったような回復は、大きいものです。

ちなみに、国際エネルギー機関は、いくつかのオイルカンパニーが抑え、経費削減したとしても、商品に大きな影響が起こるまでには間に合わないだろうと発表しました。これも、今後のカギとなるかもです。