FxNet (エフエックス・ネット)についてのお知らせ

FxNetは、キプロスの金融監督機関CySECの規制方針に従い日本語の市場からの撤退を決定しました。FxNetにおける日本語でのサービスを終了し、事業および窓口はベリーズ拠点のOloFXへ移管されます。詳細については、配信されるメールにてご確認ください。 詳細は、こちら

ブレキジットの議論により、市場のボラティリティーが大きく増加する可能性が高くなっています。

英国は今月23日にその歴史でも最も大きな国民投票を行い、EUから離脱するかを決めます。

現在の不安定な状況は、市場のボラティリティーを増加させる可能性を秘めています。

今月8日以降USDに対するGBPはすでに400ポイントも動いています。

FxNetではレバレッジを制限しません。

FxNetでは今回の英国の国民投票が行われる間のレバレッジ制限*は行いません。ぜひこの機会を利用してFxNetの優れた取引環境をお試しください!

FXNet (fxnet.com)

*英国の国民投票時にはスプレッドが大きく広がる恐れがございます。

このボラティリティーの変化を利用して取引を始めよう!

この機会にGBPを含む通貨ペア(GBPUSD、GBPJPY等)での取引を試してみよう。