IronFX 資産運用口座 - プロに任せる投資戦略!

IronFX 資産運用口座 - プロに任せる投資戦略!

IronFX (アイアンFX)より提供されているポートフォリオ・マネージメント「資産運用口座」のご紹介です。

気軽に投資のプロ・チームに資金を預け運用を任せることのできるサービスですが、従来の金融商品とは比較にならない透明性と実績がクチコミで人気を呼んでいます。

2016年8月追記、現在、日本語サポートチームより提供され、利用が可能なストラテジーは「ハイブリッド戦略」です。当記事では、ダイナミック戦略についてもご案内をしておりますが、ダイナミック戦略は受付を停止しております。ご了承ください。

プロに任せる資産運用!
小口で始められる手軽な投資信託!

IronFXは、資産運用口座(ポートフォリオ・マネージメント)という名で、IronFXが今日までに培ってきた専門性と知識を最大限に活かしファンドのような形態の運用サービスを提供中です。

運用開始から一年を超え、現在もトータルの実績はプラスで推移しています。また、最近になり、情報の透明性と周辺の環境が一段と整備され参加しやすくなったことも受け、ここで特集をしていきます。

IronFX 資産運用口座 - プロに任せる投資戦略!

IronFXの資産運用口座とは

IronFX「資産運用口座」とは、思い立ったその日に参加できるIronFX選任のマネー・マネージャーが運用する投資信託(ファンド)のことです。

FXの口座と同じようにIronFXにて専用の口座を開設後、資金を預けることで手軽に参加が可能です。

一見して、巷のIFAが勧誘活動を行っているHSBC香港のファンド・ラップなどと似たような海外投資にも見えますが、IronFXの資産運用口座は積み立てではなく、少額で参加でき、撤退は比較的自由です。

2種類の戦略から選べる

資産運用口座には、以下に紹介する2種類の戦略が用意されています。

資産運用口座で現在提供される戦略は、「ハイブリッド戦略」です。

日本語サポートチームでは、現在ダイナミック戦の提供を停止しています。

  • ハイリスクを避けつつ、リターンを求める「ハイブリッド戦略
  • ハイリスク・ハイリターン、高収益を求める「ダイナミック戦略

※ハイブリッド戦略 = HYBRID STRATEGY
※ダイナミック戦略 = DYNAMIC STRATEGY

戦略ごとに方針が異なるのは当然ですが、パフォーマンス、手数料、投資対象も異なります。

手数料と出金

ハイブリッド戦略の手数料等
口座管理費 0.167%
パフォーマンス費用 30%
出金までの日数 出金申請より5日以降
ダイナミック戦略の手数料等
口座管理費 無し
パフォーマンス費用 50%
出金までの日数 出金申請より5日以降

ダイナミック戦略では、ハイリスク・ハイリターンの方針に合わせ、口座管理費無しで利益を折半する構成です。

投資の対象と実績

投資対象は、相場状況により異なり変更もあるとされていますが、為替・通貨銘柄で構成され、ハイブリッド戦略では12つの通貨、ダイナミックでは4つの通貨を投資対象としています。

ハイブリッド戦略
投資対象と割合

2016年6月のレポートによれば、最も占める割合の大きな銘柄はユーロ/米ドルですが、バランスよく分散投資されていることが確認できます。

レポートによれば、ファンダメンタルをベースにMACDや移動平均などのテクニカルも取り入れ運用されています。

運用実績

2015年6月の運用開始から、2016年6月までのちょうど1年の期間を通し、19.02%という魅力的なパフォーマンスをあげています。

ダイナミック戦略
投資対象と割合

ダイナミック戦略では、2016年6月のレポートによれば、最も占める割合の大きな銘柄は、米ドル/円ですが、ハイブリッド戦略同様にユーロ/米ドルも多く、さらにユーロ/ポンドも同程度の割合を占めます。

運用実績

2015年5月の運用開始から、159.18%という目を疑うような高いパフォーマンスを提供しています。

レポートでは、ポンドがポートフォリオに含まれることにより、ブレクジット(英国国民投票)の際の変動で多少ダメージを受けていることが報告されていますが、それでも驚異的な数字を叩きだしながら、現在も運用が続いています。

そもそも投資信託とは?

投資信託は、一般にはファンドとも呼ばれます。

投資家から資金を預かった運用者が、株式や債券など投資商品を利用し運用する金融商品です。

運用の成果は、資金を預託した投資家の投資金額に応じて分配されます。

何に投資をするか、どう攻めるのか守るのかなど商品ごとに異なる方針に沿って運用されます。

現在、IronFXで運用されているのは先に触れたハイブリッド戦略とハイリターンを追うダイナミック戦略の2種類です。

ダイナミックは、ここまでに160%弱のリターンに達成してしておりとても魅力的ですが、ハイリスク・ハイリターンな戦略です。ハイブリッド以上の損失を出す可能性があります。ご参加はリスクへ十分にご理解の上でご参加下さい。

資産運用口座のメリット

資産運用口座を利用するメリット(魅力)は、3つほどあげられます。

  1. ここまでの運用実績が安定している
  2. 透明性が高い(情報が公開されている、撤退も容易
  3. 参加コストが低い・手軽に始められる(初回ハードルが低い

これまでの運用実績が安定している

市場の9割以上の投資家が1年以内に退場するとされる為替市場において、これまでの長期間、プラスで運用されていることは何よりも魅力的です。

透明性が高い

毎月のレポート発行をはじめ、日々運用情報は公開されます。また、こうした情報公開は、近年、IronFXが注力しているテーマでもある「投資家の教育」につなげる狙いもあるようです。

参加コストが低い・手軽に始められる

初回入金金額は30万円です。そしてFX口座同様に口座開設することで、最短で、その日には参加できます。

また、運用の判断は別に、参加者(投資家)は撤退はいつでも自由に可能です。通常のFX口座と同様にお好きなタイミングで自由に出入りができます。

出金や撤退に関して、よくある海外投資(ファンド・ラップ)では異様に高い解約金や手続きの複雑さから度々トラブルの話題がありますが、IronFXの資産運用口座のシステムは、FX口座の延長です。出金・撤退は比較的シンプルに整備されています。

運用で発生するデメリット

資産運用口座のデメリットとリスクについては、FAQで特集しています。

資産運用口座を真剣に検討する際には、必ずご確認ください。

資産運用口座のデメリット

資産運用口座の始め方(口座開設)

IronFX 資産運用口座の開設は、通常のFX口座と同じフォーム、同じ流れで開設を行います。

口座開設フォームへ進む

また、口座開設後は、日本語サポートチームによるリスクや商品の特性について説明を受けてからご入金をおすすめします。

先述の通り、これまでのパフォーマンスは魅力的ですが、投資であり元本は保証されません。リスクを十分にご理解の上でご入金をされてください。

資産運用口座を開設!(無料)

毎月のレポートは公開

運用実績、市場動向についての考察や報告は、毎月公開されています。

以下は、2016年5月と6月のレポートです。

英語の資料のほうが公開が早く確実です。

英語資料で問題のない方は、IronFX公式サイトの言語を英語に切り替えて、新着情報の欄をご確認ください。

IronFX (ironfx.co.uk)

みんなで海外FXでも、今年始めより資料を和訳後に公開しております。和訳によるフォローは不定期とはなりますが、公開の都度、SNS等で告知いたします。

正確な情報や最新情報は、IronFX公式サイトおよび窓口でもご確認ください。IronFX公式サイトは、コチラ

IronFXの詳細や会社情報は、コチラ (会社紹介へ)

全ての海外FX会社
(全17社)

  • Axiory
  • FBS
  • FXDD
  • FXOpen
  • FxPro
  • HotForex
  • IFC Markets
  • iFOREX
  • IronFX
  • KVB Kunlun
  • Land-FX
  • MyFX Markets
  • TeleTrade
  • Titan FX
  • Traders Trust
  • Tradeview
  • XM

日本語対応、日本語窓口の充実する海外FX会社を中心に、現在17社を掲載中!
※掲載およびサービスが終了した海外FX会社は、海外FX会社 一覧ページよりご確認ください。

未入金 & 口座開設ボーナス

口座開設でキャッシュバック!大人気の口座開設ボーナス!

入金必要なし!キャッシュバックでリスクゼロのFXを始めよう!
※換算額は、1ドル100円の計算です。

XM 口座開設ボーナス・未入金ボーナス・100%入金ボーナス 勢ぞろい!

XM 口座開設ボーナス・未入金ボーナス・100%入金ボーナス 勢ぞろい!