[2016年9月21日修正] Neteller (ネッテラー)・Skrill (スクリル)のサービス変更について

※Netellerについては情報が公開されていないため、今後、ここに掲載される内容について変更の可能性・最終的に誤報となる可能性があります。

PaySafeが、「2016年10月1日を最後にNeteller (ネッテラー)とSkrill (スクリル)の日本における利用を停止する」とメールにて一部のFX会社に通知しています。

Skrilについては、既に公開されている情報の通りです。

Netellerについての顧客への告知は未定のようです。

2016年9月21日追記

Netellerでは、MasterCardのサービス停止だけでなく外部機関(金融監督機関)からの要請を受けてのFX会社別に異なる対応を実施しています。

ご利用のFX会社が10月1日以降どのような対応となるかにつきましては、ご利用のFX会社窓口までお問い合わせいただくか、みんなで海外FXのニュースリリースにてご確認ください。

みんなで海外FX ニュースリリース

もし10月1日以降も入出金可能な場合もご注意を

もし、ご利用のFX会社が10月1日以降もNetellerを利用した入出金が可能な場合でも、今回要請を出している外部機関やNetellerの動向によっては近い将来に急な送金停止(サービス終了)となる可能性があります。

ご利用を継続される場合にも今後の動向に十分にご注意ください。

2016年9月17日追記: 新たに確認がとれた事項

  • 10月1日以降も入出金が可能
  • 10月1日以降、日本で発行されたNet+カードは利用不可

当初のサービス終了の通知では言及されていませんでしたが、MasterCardプリペイドカードが終了となる可能性が高いようです。

また、マイナンバー必須の情報解禁後に公開された公式のFAQでは、10月1日以降「郵送される住所承認コード」が必要となる記述がされています。

マイナンバー関連書類の提出と郵送による住所の証明は必須となるようです。

2016年9月16日追記: 10月1日よりマイナンバー証明書と住所確認書類の提出が必須に

2016年9月16日現在、日本でNetellerをご利用の方がNetellerへログインすると以下の文言が表示されます。

10月1日よりマイナンバー証明書と住所確認書類の提出が必須に

2016年10月1日よりマイナンバー証明書と住所確認書類の提出が必須となるそうです。

先のメールでの連絡の件とは異なり、ポップアップから判断するに2016年10月1日以降もサービスは継続の可能性もあるようです。

前回の対応

PaySafeは、Net+カードの停止の際に、サービス停止数時間前に告知をするというユーザーの出金手段を意図して絶つかのような対応をとっています。

今回もこの時期に顧客へ詳細な連絡を行わないことは、Net+カード停止の際と同様の対応をとる予定なのか、10月1日より前にこの情報に変更の可能性があるためか、理由は不明です。

Netellerをご利用の皆様は今後の動向にご注意ください。

みんなで海外FXは、Netellerの利用を推奨しません

みんなで海外FXでは、Neteller他、電子マネーやオンライン・ウォレットの海外FXにおける利用を推奨しません。

詳細については、次のリンク先をご確認下さい。

電子マネーサービスの再開と利用について

全ての海外FX会社
(全19社)

日本語対応、日本語窓口の充実する海外FX会社を中心に、現在19社を掲載中!
※掲載およびサービスが終了した海外FX会社は、海外FX会社 一覧ページよりご確認ください。

未入金 & 口座開設ボーナス

口座開設でキャッシュバック!大人気の口座開設ボーナス!

入金必要なし!キャッシュバックでリスクゼロのFXを始めよう!
※換算額は、1ドル100円の計算です。

XM 口座開設ボーナス・未入金ボーナス・100%入金ボーナス 勢ぞろい!

XM 口座開設ボーナス・未入金ボーナス・100%入金ボーナス 勢ぞろい!