ここ最近、ちょくちょくと調整があってかつどっすんと落ちてましたが、現在少し立て直し、今の値がAUD/JPYのテクニカル的に考えられる高値な感じですね。

テクニカルで、インディケーターなどを見て考えると、、、私は売りたい。

Capture

しょっちゅうあるのですが、大きな下がりの経験の後に、谷を描くように、このままの上への可能性を追い求める人たちもいますが、実はこうやって結局下に下がって損をするという、ここはクラシックなFXじゃないですか?

そして、今回のAUD/JPYがいい例となりそうで、ウキウキしてきました。
昨日の最高値までは、月足チャートでのピボットの値と50%のフィボナッチリトレースメントに従ってきましたが、同じ時期に14日からのトレンドラインには、全く逆をついています。

現在の状況では、このまま少し上がり上をつくかと思われますが、これからAUD/JPYが大きなスパイクを経験するのは、可能性が大と考えられます。

そういえば、今夜は欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の話がありますから、AUDとは直接は関係ないかもしれないですけれど、どちらにしろJPY関係は見張っていてもいいかもしれませんね。