そもそも、CFD取引とは何でしょうか?

CFD取引とは? (原題: What is CFD trading?)

CFD取引とは、本物の商品や銘柄を実際に購入することなく、保管するすることもなく、「商品の価格」を取引する投資です。

具体的には、石油原油天然ガスなどのエネルギー関連の商品、金・銀・プラチナをはじめとする貴金属、誰もがご存知のスティーブ・ジョブズが作ったiPhoneで有名な米アップル社の株式など、取引ソフト上で価格が連動できる商品であればどんなものでも取引が可能です。

CFD = コントラクト・オブ・ディフェレンス

CFD取引のCFDとは、コントラクト・オブ・ディフェレンス (Contract for Difference)の頭文字をとったものです。

コントラクト (Contract)とは、契約を意味します。

CFD取引は、1ドル120円の契約、金1グラム4000円の契約を、市場の価格と差が出た際に手放すことで、差額を利益に変える投資です。

海外では、金はグラムではなくオンスで計算されます。そのため、実際に海外口座を利用して金を1つCFD取引した場合、その売買した銘柄の中身は1オンス分の金となります。

iFOREX (iforex.com)

iForex “What is CFD trading?”より