2017年のフランス大統領選挙は、まだ終わってはいない

まだまだ終わらないフランス大統領選挙 - iFOREX コラム

もし、あなたがフランス大統領選挙の第一ラウンドの結果を鵜呑みにしているなら、もう一度考え直して欲しい。

いずれにせよ、EUは、エマニュエル・マクロンの導きで立ち上がるだろう。

しかし、マクロンのファイナル・カウントダウンまでには多くの批判と議論がされていることも事実だ。

エマニュエル・マクロンは、あの時なにをしたか?

第一ラウンドの際、マクロンは、まだリーチの段階であるにも関わらず、スピーチの中で自身の勝利を祝っているかのように映し出された。

これが議論を起こした。

一方、レ・ペンは第二ラウンドに向け、策略を立て直すことをした。

実際に、終了後にマクロンは、スタッフとパリの高級レストランで勝利の晩餐をした。

あなたはおそらく思うだろう「そんな大した話では、ないのでは?

フランスでは、第一ラウンド終了後に祝杯をあげるということ、オフィスの雰囲気作りをすることですら、多くを意味しているのだ。

マクロンは、レ・ペンの手の内で遊ばれてもいた。

レ・ペンの主なマクロンへの告発は、マクロンがエリートに関わらないこととであり、マクロンの若さと経験不足には言及していないかった。

先週、マクロンは地元の工場見学を予定していたが、キャンセルした。

レ・ペンはこの機を待っていたかの如く、マクロンのグローバリゼーションとメディアサーカスの中での習慣的なイベントのすり替えについて批判した。

マクロンは、2時間遅れて到着し、民衆から怒号と怒りを買った。

マクロンは、この場を上手く切り抜け、怯むことなくレ・ペンの聴衆への罠であると避難した。

マクロンが離れた後、熱気と人だかりは、彼の手腕に懐柔されていた。

グローバリゼーション保守主義が論点となっているフランス大統領選。

誰がフランス大統領になるだろうか?

何れにせよ、フランス大統領選挙でおこる多くの出来事がマーケットへ影響を及ぼすことになるだろう。

iFOREX (iforex.com)