TeleTrade (テレ・トレード) CFD取引におけるS&PグローバルのETF商品追加のお知らせ

カテゴリー

TeleTrade(テレ・トレード)より、CFDにおける取扱商品拡大のお知らせです。S&Pグロ-バルのETF商品追加となり、現在9つのETF商品におけるCFDが可能です。

TeleTradeのETF商品は9つ

TeleTrade(テレ・トレード)は、2017年12月5日よりCFD取引におきまして、取扱のETF商品の拡大を行いました。

Standard & Poor’s Financial Services LLCの商品追加となり、取引可能なETF(Exchange Traded Funds)商品は以下の通りです。

レバレッジは最大20倍となります。

日本ではまだまだ馴染みのないETFですが、CFDで取引が出来るチャンスです。

SPYF SPDR S&P 500 ET
XOP SPDR S&P Oil & Gas Explor & Prodtn ETF
XLU Utilities Select Sector SPDR ETF
XLK Technology Select Sector SPDR ETF
XLI Industrial Select Sector SPDR ETF
XLP Consumer Staples Select Sector SPDR ETF
XLB Materials Select Sector SPDR ETF
XHB SPDR S&P Homebuilders ETF
XES SPDR S&P Oil & Gas Equipment&Svcs ETF
TeleTradeにおけるETFのCFDは買い注文(ロングポジション)のみです。予めご了承ください。

TeleTrade 口座開設フォーム

ETF(Exchange Traded Funds)とは?

投資信託を意味する「Fund(s)」から説明します。

投資信託は、投資のスペシャリストであるファンドマネージャーに資金を投資する金融商品です。

お客様一人の資金に加えて、その他のお客様の資金も合わせたより大きな資金で投資が行えるのがメリットの記入商品となります。

ETFは、投資信託の「Fund(s)」の前に、証券取引所での取引を意味する「Exchange Traded」が足されています。

これまでファンドマネージャーでしか出来なかった投資信託商品ですが、証券取引所でも取り扱いを始めており、加えて、TeleTradeではそれら商品のCFD(差金決済取引)が可能です。

簡略的な説明となりますが、TeleTradeでは、投資信託商品に対して、少額での、差額決済取引(CFD)が出来るということです。

日本は、まだまだ商品が少ない状況にありますが、TOPIX(東証株価指数)と日経平均株価は、日本を代表するETFです。

Standard & Poor’s Financial Services LLCとは?

2017年12月5日より追加となったStandard & Poor’s Financial Services LLCについて説明します。

Standard & Poor’s Financial Services LLCは、アメリカにおける大手ファイナンシャルサービス企業です。

また、世界的にファイナンスの調査、分析に限らず幅広い分野で活躍しているS&Pグローバル(S&P Global)の一つの企業です。

TeleTrade 詳細はこちら

正確な情報や最新情報は、TeleTrade公式サイトおよび窓口でもご確認ください。

TeleTradeの詳細や会社情報は、コチラ (会社紹介へ)

すべての海外FX会社
(全19社)

日本語対応、日本語窓口の充実する海外FX会社を中心に、現在19社を掲載中!
※掲載およびサービスが終了した海外FX会社は、海外FX会社 一覧ページよりご確認ください。

未入金 & 口座開設ボーナス

口座開設でキャッシュバック!大人気の口座開設ボーナス!

入金必要なし!キャッシュバックでリスクゼロのFXを始めよう!
※換算額は、1ドル100円の計算です。

XM 口座開設ボーナス・未入金ボーナス・100%入金ボーナス 勢ぞろい!

XM 口座開設ボーナス・未入金ボーナス・100%入金ボーナス 勢ぞろい!