株式や債権、Forexなど全ての金融商品は、それぞれの為替業務時間にのみ取引が可能です。
しかし、幸運なことに、その中でもForexだけは世界中で相互のアクセスが容易であり、平日は24時間取引可能な金融商品です。

取引の機会をつかむ

Forex市場には実際に物理的取引が行なわれている場所がありません。そのため、ForexはOTC (over the counter)取引、またはインターバンク取引として分類されます。
これは全ての取引が電子商取引として行われ、各取引銀行間のネットワーク上で繰り広げられるためです。

このネットワークにおいては、特にロンドンが世界最大のハブとしてとらえられることが多いのですが、ここで24時間取引を可能にしている一日の市場のスケジュールを下に図にして紹介しますね。

london

NYLON セッション

1日の中で最もForex取引が活発になる時間は、ロンドン市場とニューヨーク市場の重なる時間帯となります。取引ボリュームだけで見ても桁違いな量になります。
この最も市場が起きている時間帯のことを「NYLON」とも呼び、一日で最もトレードが盛んなためスプレッドは最小値まで狭まり値動きも盛んになります。

アジア・セッション

ロンドンとニューヨーク市場の時間帯の勢いには劣るものの、近年、東京や香港、シンガポールの投資家もその存在感を徐々に高めつつあります。

その、ロンドンとニューーヨークの市場が寝ている頃、起きるアジア市場。この世界を包み毎日きっちり繰り返される大きなサイクルのおかげでForex市場は24時間のやり取りを可能としています。

24時間と取引サイクル

ATR Indicatorを利用してチャートを見てみると、とてもわかりやすいので、ぜひそれを反映した下の画像を参考にしてみてください。

nylon-asia

こちらは取引ボリュームをわかりやすく表示したもので、Nylonセッションとアジアセッションの差が明らかに見えてくると思います。