FXに限らず投資の世界ではよく耳にする「ブリッシュ・ベアリッシュ」。

何となく意味は分かっていても、意外とその由来は知らなかったという方は結構いますよね。

ブリッシュは英語で書くと「Bullish: 雄牛のような」、つまり雄牛を表しています。
ブリッシュは市場価格が上向きになっている際によく使われる表現です。

反対に市場価格などが下がること・下げ相場で使われるベアリッシュは英語で「Bearish: 熊のような」となり、熊のことを指しています。

では、なぜ「雄牛 vs 熊」で市場動向が表現されているかという点ですが、それぞれの攻撃(威嚇)方法に起源があります。
雄牛は相手を攻撃する際に下から角を押し上げます。闘牛をイメージするとわかりやすいかもしれません。
逆に熊は二本足で立ち、前足を振りかざすように攻撃します。
このように、それぞれの攻撃方法を市場の動きを照らし合わせたことに起源し、今日も「ブリッシュ・ベアリッシュ」という表現方法が世界中の投資家たちにより使われています。