XM (XMTrading)より、ビットコインやライトコイン等の仮想通貨5銘柄の必要証拠金率および最大レバレッジ変更のお知らせです。

非常に重要なお知らせ – 仮想通貨の必要証拠金

2017年12月12日付の前回のXMからの連絡に続きまして、新たな更新情報をお届けします。

XMは仮想通貨ペア(BTCUSD, DSHUSD, ETHUSD, LTCUSD, XRPUSD)の必要証拠金を33% (レバレッジ 3:1) から50% (レバレッジ2:1)へさらなる調整を行うこととなりました。

必要証拠金率の変更は、12月14日(木)のサーバー時間21:00 (19:00 GMT)(日本時間との時差は7時間ございます。)に適用されます。

必要証拠金率変更対象の仮想通貨

  • BTC/USD (ビットコイン)
  • DSH/USD (ダッシュ)
  • ETH/USD (イーサリアム)
  • LTC/USD (ライトコイン)
  • XRP/USD (リップル)

必要証拠金率変更の概要

今回の必要証拠金率変更(レバレッジ引き下げ、必要証拠金率引き上げ)の概要は以下の通りです。

変更後 変更前
必要証拠金率 50% 33%
最大レバレッジ 2:1 3:1

必要証拠金率の変更は、2017年12月14日に実施されます。

仮想通貨取引に関わる注意事項

また、今回の必要証拠金率の変更を機に以下の点にご留意くださいますようお願い申し上げます。

  • 仮想通貨商品は複雑であり、リスクが高いため、投資元本を全て失う高いリスクが伴うことを意味します。
  • 仮想通貨の価値は変動が非常に激しい(不安定な乱高下が発生する)ため、短期間のうちに多くの損失を被る可能性があります。
  • 異常な取引条件が発生する場合には、安定した取引環境を確保するべくBTCUSD, DSHUSD, ETHUSD, LTCUSD, XRPUSDの取引は、一時的にクローズオンリーモード(決済のみ可能モード)に随時設定される場合があります。
  • 全仮想通貨ペアの取引条件は、事前予告なく随時変更される可能性があります。

XMでは、12月14日(木)サーバー時間21:00 (19:00 GMT)(日本との時差7時間)において、仮想通貨取引(CFD)の必要証拠金率を33%から50%(レバレッジ2倍)へ相当へ調整されることをお知らせします。

XM 公式サイト