NETELLER(ネッテラー)に休眠口座はありませんか?15か月の取引実績のない口座は、管理費の引き落し、リワード・ポイントの失効、と予期せぬ費用が発生しますのでご注意ください。

Neteller (ネッテラー)についてのお知らせ

Netellerは、2016年夏以降、サービスを縮小・一部停止しています。Netellerについては、今後更新されません。また、掲載情報が古くなっている可能性があります。ご注意ください。

NETELLER ネッテラー 入金 出金 カード マスター Netプラス Net+ STICPAY スティックペイ

15か月以上の休眠口座は管理費発生

フィンテックとして多くの方がお使いの「NETELLER(ネッテラー)」についてご案内です。

最近、取引実績がなくなり、既に1年以上経過している長期休眠口座はありませんか?

NETELLERでは、口座の運用が確認できなくなってから15か月を経過すると最大40ドルの管理費が引き落とされます。

15か月経過すると管理費が発生

具体的なNETELLERの15か月休眠口座の対応内容についてです。

  • 口座から最大40ドルの管理費(Administrative fee)が引き落とされます。
  • リワード・ポイント(Reward Points)及びそのポイントが失効します。
  • 15か月休眠により、一度目の管理費引落後、その後も継続して休眠口座となっている場合は、さらに12か月毎に約3倍の管理費が引き落されます。
  • 継続して38か月の取引実績がない場合、口座はクローズ(Close)の扱いとなり、失効(終了)します。
口座がマイナス残高になることはございません。

管理発生・ポイント失効を防ぐ方法

管理の発生を防ぐ方法は簡単です。

早速、口座を利用した入金、出金などの取引を実施しましょう。

「Net+ Prepaid MasterCard® 」はお持ちですか?

買い物にも使えて、NETELLER口座から引き落としが出来る専用カードで取引をしましょう。

また、「NETELLER Money Transfer」を使って、ご自身の別の口座へ送金を行ってみましょう。

STICPAYはご存知ですか?

STICPAYへ送金することでも、資金を活用することが出来ますので、ぜひ一度試してみてください。

STICPAY 公式サイト