HotForex (ホット・フォレックス)が、新たに仮想通貨「Ripple (リップル)」の取り扱いを開始しました。

HotForexが仮想通貨「Ripple (リップル)」取り扱いスタート

HotForex (ホット・フォレックス)が、仮想通貨「Ripple (リップル)」の取り扱いを開始しました。

取引できるのは「XRP/USD (米ドル建てリップル)」

HotForex (ホット・フォレックス)が、仮想通貨「Ripple (リップル)」の取り扱いを開始しました。

HotForexで取引がスタートしたリップルは、米ドル建てのリップル「XRP/USDです。

HotForex リップル取引条件

HotForexで取引できるリップルの取引条件は、以下の通りです。

MT4シンボル XRPUSD
銘柄の説明 Ripple Vs US Dollar
必要証拠金率
(最大レバレッジ)
20%
(レバレッジ最大5倍)
1ロットあたりのリップル 1000 Ripple
取引時間 月曜00:05から金曜23:55まで

HotForex 公式サイト

HotForexで取引できる仮想通貨

今回のリップル取り扱い開始によりHotForexで取引できる仮想通貨(暗号通貨)は、計5種類、取引銘柄は8銘柄となりました。

MT4シンボル 銘柄 仮想通貨
BTCUSD 米ドル建てビットコイン Bitcoin
(ビットコイン)
BTCEUR ユーロ建てビットコイン
ETHEUR ユーロ建てイーサリアム Ethereum
(イーサリアム)
ETHUSD 米ドル建てイーサリアム
LTCUSD 米ドル建てライトコイン Litecoin
(ライトコイン)
LTCEUR ユーロ建てライトコイン
DSHBTC ビットコイン建てダッシュ Dash
(ダッシュ)
XRPUSD 米ドル建てリップル Ripple
(リップル)

仮想通貨の取引方法

上記表の仮想通貨は、MT4を立ち上げて「気配値表示」を右クリックして「通貨ペア」へ進み「Crypto1」より表示することができます

最新の情報は、HotForex公式サイトにて

HotForexが取り扱う各仮想通貨の取引条件詳細や最新の情報は、HotForex公式サイトでもご確認ください。

HotForex 公式サイト

仮想通貨は、HotForexで取引を

HotForexの仮想通貨取引は、安定のMT4対応

HotForexでは、仮想通貨もMT4(高度なチャート分析ソフト)でまとめて管理・運用することができます。

多くの仮想通貨専門業者は、独自に取引プラットフォームを開発していますが、バグや多くの不都合など不便ばかりなのが現状です。

しかし、MT4であれば、10年以上にあたりFXトレーダーによって鍛えられた最新かつ安定した取引環境を、そのまま仮想通貨でも利用することができます。

2. もしもの時もFX会社なら安心

また、海外FX会社は、顧客の預託資金の完全分別管理が義務付けられているため、国内仮想通貨事業者のような倒産後の返金されないリスクや顧客資金を無断流用されるリスクがありません。

仮想通貨事業者は、広告ではセキュリティや高度な資金管理をうたっていますが、FX会社と異なり分別管理等の事実に基づく情報公開をしておらず、顧客にその証明もしていません。

3. 海外口座は、追証がない

海外FX口座は、一般的にゼロカットと呼ばれるマイナス残高の保護ポリシーで運用されています。

ゼロカットは、もしもの相場変動で口座残高がマイナスになっても追証が発生しない=借金にならない仕組みです。(マイナス分は海外FX会社が負担します)

HotForexは、利用無料で日本語対応

HotForexの口座開設は、すべて無料です。HotForex窓口や取引ソフトは、日本語に対応しています。

仮想通貨は、たくさんのアドバンテージをもつHotForexで取引しましょう。

HotForex 公式サイト