HitBTCは、エネルギー管理に関する「エンビオン(Envion:EVN)」、データ保管に関する「ジェナロ・ネットワーク(GenaroNetwork:GNX)」の2つの仮想通貨を上場します。

HitBTC (ヒットBTC)についてのお知らせ

HitBTC (ヒットBTC)の掲載は、終了しています。みんなで海外FXに掲載されているHitBTC (ヒットBTC)の会社情報やお知らせ等は、更新されません。当ページおよび関連ページの閲覧の際には、予めご了承ください。関連ページ: HitBTC (ヒットBTC)

HitBTC-ヒットBTC-トークン-仮想通貨-暗号通貨-草コイン-Genaro-Network-GNX

HitBTC(ヒットBTC)は、仮想通貨「エンビオン(Envion:EVN)」および「ジェナロ・ネットワーク(GenaroNetwork:GNX)」を上場します。

HitBTC 口座開設フォーム

「エンビオン(Envion:EVN)」とは?

エンビオン(Envion:EVN)は、世界中の再生可能エネルギーをスマートに最大化する、ベルリン(ドイツ)発の、スイスに拠点を置くブロックチェーンのスタートアップ企業です。

過剰供給など課題がある再生可能エネルギーの管理をする構想を立てており、ヨーロッパと中東の数多くの大手エネルギー会社、エネルギー生産者との強いつながりを生かして、お互いのバリューチェーンを拡大します。

HitBTC 公式サイト

「ジェナロ・ネットワーク(GenaroNetwork:GNX)」とは?

ジェナロ・ネットワーク(GenaroNetwork:GNX)とは、安全で、経済的なデータストレージスペースのプロバイダーです。

通常のデータ管理は、一部の個所に重要なデータを管理し、管理者の所有するスペース(データストレージ)にデータを保管します。

会社規模ともなると膨大なデータ量であり、かつより安全なセキュリティーを求めて、本当に安全かわからないストレージに対して多額のコストを掛けています。

ジェナロ・ネットワークは、既存のデータ管理システムを根本の概念から変える画期的なデータストレージサービスです。

暗号化されているブロックチェーン技術を駆使して、データをネットワーク上に分散させることで、より安全に、よりスピーディーに、そしてより安価なデータ管理を提案します。

HitBTC 詳細はこちら