ギリシャの債券問題のおかげで、トレーダーの財布を色々な角度からいじくっている中、最近ギリシャ国民にアンケートがとられたそうです。

内容は、ユーロ圏からの離脱に賛成か否か。
この内容はギリシャ財政問題は一気に左右する重要なアンケートではあるのですが、結果は69.6%が反対とのことで、なかなか微妙な結果となってしまいました。
30%近くの人たちがユーロ圏からの離脱に反対していないということで、もしギリシャが離れることとなれば今後のEURを更に上げていく引き金となりかねません。

とりあえず昨日9日にユーロ圏財務相会合があり、ギリシャから提案されている“改革案”について話し合われ、議長から“有益です!!”とのひと言をもらったそうです。

今はギリシャの借金王たちに、それでいいかどうかの同意を求めているようですが、もし改革案が却下されれば数週間で政府資金が0になる可能性があるといわれているほど現在危ない状況らしいです。

また、アンケートでは、ギリシャがデフォルト(債務不履行)をまた経験するだろうと考えるのが、50.4%。。。またまた微妙な数字です。

その結果は、今月中にも出る予定ですが、ユーロ圏には今月いっぱいはかなりの注目がありそうです。