世界中で1,000以上の企業が導入するePayments(イー・ペイメント)は、海外FXのFXOpenなどで入金ができて、MatserCardのプリペイドカードである「ePaymentsカード」を発行するとATMで現金出金もできる便利なオンライン・ウォレットです。

ePayments-Deposit-Account-Mastercard-VISA-Prepaid-ATM-Cash-Withdraw-Bank-eWallet-Japanese-Online-Wallet-FX

ATMでの現金出金が可能

ePayments(eペイメント)は、全世界で64万以上の企業を含む利用者を抱え、1年間で日本円に換算すると4億円以上の取引を行う大手のオンライン・ウォレットです。

ePaymentsの口座(アカウント)は、銀行口座に割り振られるIBANと呼ばれる番号がもらえる為、通常の銀行口座と同じ位置づけで取り扱うことが出来ます

オンライン・ウォレットであるため、iPhone(iOS)もしくはアンドロイド(Android)のスマホ、タブレットのアプリで簡単にサービスを利用することが出来ます。

さらに、クレジットカード会社のMasterCardと提携したプリペイドカードである「ePaymentsカード」を発行することが出来ます。

ePaymentsカードは、ePaymentsの支払いが許可されているオンライン・ショッピングのサイトでは支払に使用できることはもちろん、MatserCard対応のATMでは現金出金を行うことが出来ます。

日本においてePaymentsカードを発行し、ATMから現金出金を行う場合は(1)現金出金額の2.6%の為替変換料、および(2)2.6ドルの約260円の出金手数料が差し引かれます。

* IBAN・・・アイバンと呼ばれ、 インターナショナル・バンク・アカウント(International Bank Number)の略です。

ePayments 公式サイト

ePayments口座への銀行送金は手数料3ドル

ePaymentsのオンライン・アカウント、ePayments口座への口座開設は無料で行えます。

ただし、ePayments口座への入金および出金には以下のとおり手数料が発生しますので事前に確認をして下さい。

ePayments口座における入金手数料

入金手段 入金手数料 入金制限
銀行口座 3ドル
(約300円)
1ドル~(約100円)
クレジットカード

  • VISA
  • MasterCard
2.6%
  • 最低10ドル/回
    (約1,000円)
  • 最大1,500ドル/回
    (約15万円)
  • 最大5,000ドル/日
    (約50万円)
  • 最大5回/日
  • 最大10,000ドル/週
    (約100万円)
eウォレット

  • WebMoney
  • Yandex.Money
1~2% 各社毎に異なる条件
他のePayments口座 無料
(0円)
0.1ドル~(約10円)

WebMoneyなどの他のオンライン・ウォレットをお持ちでない場合、銀行口座からの銀行送金か、VISAもしくはMasterCardのクレジットカードで入金することとなります。

実際に、為替を考慮する必要があるため、正確な数値ではありませんが、1万円をクレジットカードで入金する場合、手数料は260円となりますので、銀行の3ドル(約300円)に非常に近くなります。

そのため、1万円以上の日本円を入金する場合は、銀行口座からの入金が手数料が安くなることになります。

** 銀行次第では、銀行毎の入金手数料および中継銀行における送金手数料が発生し、数千円単位で発生する場合があることを予めご了承ください。

ePayments-Deposit-Account-Mastercard-VISA-Prepaid-ATM-Cash-Withdraw-Bank-eWallet-Japanese-Online-Wallet

ePayments口座における出金手数料

出金手段 出金手数料 出金制限
銀行口座
(日本円)
3ドル
(約300円)
50ドル~100,000ドル
(約5,000円~約1,000万円)
銀行口座
(国際銀行送金)
0.5%
(最低15ドル~)
50ドル~100,000ドル
(約5,000円~約1,000万円)
クレジットカード

  • VISA
  • MasterCard
2.9%
(最低3.5ドル~)
  • 最低10ドル/回
    (約1,000円)
  • 最大2,000ドル/回
    (約20万円)
  • 最大2,500ドル/日
    (約25万円)
  • 最大5回/日
  • 最大15,000ドル/月
    (約150万円)
eウォレット

  • WebMoney
  • Yandex.Money
  • QIWI
2% 各社毎に異なる条件
ePaymentsカード
(ATM現金出金)
2.6ドル+2.6%
(約260円+2.6%)
  • 最大3,000ドル/回
    (約30万円)
  • 最大3,000ドル/日
    (約30万円)
  • 最大100回/日
  • 無制限/年
他のePayments口座 無料
(0円)
0.1ドル~(約10円)

日本の銀行へ出金する場合、世界のいくつかの銀行を経由して着金しますので、国際銀行送金となります。

さらに、日本円への為替変換が発生しますのでご了承下さい。

ePayments口座における発生手数料

発生条件 発生手数料
新しく口座を
開設する場合
無料
(0円)
12カ月以上
未使用の場合
3ドル/月
(約300円)
開設済口座を
閉設する場合
無料
(0円)

ePayments口座は、開設は無料ですが、未使用期間が12カ月以上続くと口座維持費として毎月3ドル(約300円)がePayments口座から引かれます。

ePayments 口座開設フォーム

ePayments-Deposit-Account-Mastercard-VISA-Prepaid-ATM-Cash-Withdraw-Bank-eWallet-Japanese-Online-Wallet-Fee

ePaymentsカード(スタンダード・カード)の利用

ePayments口座を開設することで、MasterCardのプリペイドカードである「ePaymentsカード」を発行することが出来ます。

MasterCardの利用できるATMへアクティベート済のePaymentsカードをセットすることで、ePaymentsカードにチャージされている金額(手数料を除く)を現金として出金することが出来ます。

ATMでの現金出金時の実際の手数料は、2.6ドル(約260円)に加えて、出金額の2.6%となります。

ePaymentsカードの手数料

手数料 制限
カードの発行 5.95ドル
(約600円)
カードの送料 無料 or 45ドル
(約4,500円)***
アクティベート 無料(0円)
PINコードの変更 1ドル(約100円)
カードへの入金 無料(0円)
  • 最低10ドル/回
    (約1,000円)
  • 最大10,000ドル/回
    (約100万円)
  • 最大20,000ドル/日
    (約200万円)
  • 最大5回/日
  • 無制限/年
  • 最大20,000ドル/カード
    (約200万円)
カードの使用
(支払時)
無料(0円)or
2.9ドル/月****
  • 最大20,000ドル/回
    (約200万円)
  • 最大40,000ドル/日
    (約400万円)
  • 最大200回/日
  • 最大100,000ドル/4日
    (約1,000万円)
  • 最大500回/日
  • 無制限/年
ePayment口座への送金 無料(0円)
ATMでの現金出金 2.6ドル(約260円)
  • 最大3,000ドル/回
    (約30万円)
  • 最大3,000ドル/日
    (約30万円)
  • 最大100回/日
  • 無制限/年
為替変換
(支払/出金)
2.6%
カードの維持
(6カ月以上未使用)
10ドル/月
(約1,000円)
カードの破棄 無料(0円)
カードの返還
(送り返す場合)
5.95ドル
(約600円)
*** ePayments側にて、特定の遠方の地域と判断された場合、45ドル(約4,500円)の送料が発生します。
**** 前月のePaymentsカードでの支払いが300ドル(約3万円)を超えていた場合、翌月に2.9ドルの支払が発生します。

ePaymentsカード発行後は、6カ月間に1度利用するようにしてください

ePayments口座では12カ月でしたが、ePaymentsカードの場合、6カ月の利用なしで、維持費が自動的にカード残高から引かれますので十分ご注意ください。

ePayments ログインはこちら

イギリスの監督省庁FCAに登録

オンライン・ウォレットのePaymentsは、イギリスの金融業界を監督する金融行動監視機構(FCA)の登録・ライセンス付与を得ています。

(1)金融行動監視機構(イギリス)
イギリスの金融行動監視機構(FCA:ファイナンシャル・コンダクト・オーソリティー)からライセンス取得(No.900172)
(2)MasterCardのプリンシパル・メンバー
MasterCardの正式なメンバーとして参画
(3)SWIFT&SEPAメンバー
ePaymentsは、IBAN付与が許されており、SWIFTおよびSEPAを持つ銀行・金融機関と取引可能
(4)PCI DSS Certified
クレジットカード会社が導入しているグローバルセキュリティ基準のPCI DSS認証

ePayments 詳細はこちら