参議院が13日、環太平洋連携協定(TPP11)を承認

参議院が13日に本会議を開き、環太平洋連携協定(TPP11)を賛成多数で承認。

衆議院では5月に承認済みのため、これで国会における承認手続きが完了した。

TPPは、アメリカが離脱し11ヶ国に

TPPは当初日米を含む太平洋周辺の12ヶ国で発効を目指し、数年にわたる交渉の後に2015年10月にアトランタで参加国が大筋合意に達した。

しかしその後アメリカがトランプ政権になると、2017年初頭に公約通りトランプ大統領就任直後に離脱を表明。

残されたのはアメリカ以外の11ヶ国となった。

日本の主導で残り11ヶ国での発効を目指していた

だが日本が主導しつつ11ヶ国での発効を目指し、国会での承認手続きも進めてきたが、13日についに国会で承認された。

アメリカ離脱後のTPP11では経済的に最大規模となる日本の承認が終わったことで、他の参加国の国内承認手続きも加速することが期待される。


iFOREXコラムについて

iFOREXコラムは、海外FX会社 iFOREX (アイフォレックス)にて配信されている鳥羽賢氏による金融・経済にまつわる時事コラムです。海外FX会社の最新の動向や仮想通貨・暗号通貨などに関する金融業界コラムを配信中です。みんなで海外FXでは、注目度の高い話題を中心に鳥羽賢氏iFOREXコラムをピックアップしてご紹介しています。

過去のiFOREXコラムのピックアップ記事一覧は、コチラ

最新の記事や鳥羽賢氏につきましては、iFOREX 公式サイトでご確認ください。

iFOREX 公式サイト