メルカリが東証マザーズに上場

スマホアプリ運営のメルカリが19日に東証マザーズに上場。

5,000円で上場初値をつけた

公募価格3,000円だったところが開始時点から買い気配が多く、午前11時過ぎに5,000円で上場初値をつけた。

スマホを使って自由に物が売買できるフリマアプリ「メルカリ」

メルカリ(銘柄コード:4385)は、2013年からスマホを使って自由に物が売買できるフリマアプリを配信開始。

若年層を中心に利用者が爆発的に増え、すでに国内外で1億ダウンロードを超えている。

東証マザーズに上場、公募価格は3,000円

そして今年になって東証マザーズに上場が承認され、公募価格は3,000円と決まった。

19日の上場初日は午前9時時点から買い気配が多く、値段がなかなかつかない状態が続いた。

午前11時過ぎには5,000円で寄り付き、昼休みをはさんで後場開始直後には6,000円まで上昇。その後はやや反落し、終値は5,300円と公募価格の76%増しだった。


iFOREXコラムについて

iFOREXコラムは、海外FX会社 iFOREX (アイフォレックス)にて配信されている鳥羽賢氏による金融・経済にまつわる時事コラムです。海外FX会社の最新の動向や仮想通貨・暗号通貨などに関する金融業界コラムを配信中です。みんなで海外FXでは、注目度の高い話題を中心に鳥羽賢氏iFOREXコラムをピックアップしてご紹介しています。

過去のiFOREXコラムのピックアップ記事一覧は、コチラ

最新の記事や鳥羽賢氏につきましては、iFOREX 公式サイトでご確認ください。

iFOREX 公式サイト