麻生財務相が最近行なわれた参議院予算委員会で、仮想通貨取引による利益の課税を現在の総合課税の雑所得から分離課税にする措置に対し、「国民の理解を得られるか疑問」と述べて消極的な姿勢を示した。

仮想通貨は、総合課税の雑所得扱い

仮想通貨は比較的新しく誕生した投資対象で、その売買益(キャピタルゲイン)に対しては現在総合課税の雑所得扱いで課税されている。

税率は最大で55%

この場合は地方税を合わせると税率は最大で55%になる。

株、FX、先物などは分離課税

それに対して株、FX、先物などは分離課税で、税率は最大でも20%などメリットが大きい。

FXは普及が始まった2000年代には総合課税だったものの、2012年から分離課税になった。

仮想通貨も「分離課税にするべき」という声も

仮想通貨も2017年に知名度が爆発的に高まったために「分離課税にするべき」という声も出てきたが、麻生財務相はまだ積極的ではないようだ。


iFOREXコラムについて

iFOREXコラムは、海外FX会社 iFOREX (アイフォレックス)にて配信されている鳥羽賢氏による金融・経済にまつわる時事コラムです。海外FX会社の最新の動向や仮想通貨・暗号通貨などに関する金融業界コラムを配信中です。みんなで海外FXでは、注目度の高い話題を中心に鳥羽賢氏iFOREXコラムをピックアップしてご紹介しています。

過去のiFOREXコラムのピックアップ記事一覧は、コチラ

最新の記事や鳥羽賢氏につきましては、iFOREX 公式サイトでご確認ください。

iFOREX 公式サイト