IronFX(アイアンFX)のイギリス口座を開設されているお客様は、ご注意ください。イギリス口座には、2018年8月1日から施行されるESMAの新しいルールの影響を受け、レバレッジに制限が発生します。レバレッジ制限を受けないバミューダ口座の開設をご検討ください。

ESMAが2018年8月1日からレバレッジ制限ほか実施

EUを含むヨーロッパの金融取引を監督する公的機関であるESMA(European Securities and Markets Authority、欧州証券市場監督局)は、2018年8月1日からレバレッジ制限を含む、CFDおよびバイナリーに関する新しルールを施行します。

ESMAの新ルールの対象は、リテール・クライアント(Retail Clients、一般トレーダー)です。

ESMAの新ルールに関する詳細は、ESMAの公式アナウンスの日本語訳「ESMAが「バイナリー禁止」と「CFDの取引制限」による投資家保護を実施」をご確認ください。

IronFXイギリス口座はESMAのレバレッジ制限対象

運営会社 ライセンス・登録
バミューダ Balvento Limited 51491
イギリス 8 safe uk Limited FCA:585561
キプロス Notesco Financial Services Limited
(旧:IronFX Global Ltd)
CySEC:125/10

IronFX(アイアンFX)は、取得しているライセンスおよび運営法人の違いで、イギリス口座とバミューダ口座などいくつかのカテゴリ分けが出来ます。

IronFXのイギリス口座は、今回のESMAの新ルールの影響を受けて、レバレッジに制限がかかりますので、ご注意ください。

IronFXイギリス口座における変更内容(予定)

  1. 個人投資家のオープニング・ポジションにおけるレバレッジを、次のボラティリティに基づいた30倍から2倍までの範囲で制限されます。
    • メジャー通貨ぺアは、30倍
    • メジャー通貨ペアでないマイナー通貨ペアとゴールド、メジャーな株価指数は、20倍
    • ゴールドとメジャーな株価指数を除く他の銘柄は、10倍
    • 個別株と他の関連銘柄は、5倍
    • 仮想通貨(暗号通貨)は、2倍
  2. 取引口座へのマージン・クローズ・アウト・ルール(ストップ・アウト)は、証拠金の割合を必要証拠金の最低50%と標準化し、クローズ・アウトでは1つもしくは複数のポジションの強制決済を行います。
  3. 取引口座へのNBPの機能では、個人投資家の全ての損失に制限が設定されます。
  4. CFDを推奨するようなボーナスやキャンペーンなど、如何なるプロモーションも出来なくなります。
  5. CFDにおける個人投資家の損失の割合に関する内容も含むリスク警告の標準化が必須となります。

IronFXバミューダ口座はESMAの影響なし

現在、IronFXのイギリス口座で取引を行っているお客様は、ESMAの新ルールの影響を受け、大きな変化としてレバレッジが制限されます。

ただし、IronFXのバミューダ口座はESMAの影響を受けませんので、2018年8月1日以降もこれまで同様に最大レバレッジ500倍で継続して取引可能です。

イギリス口座とバミューダ口座の違いは、プロモーションの一部およびライセンスに基づいた補償制度などの点のみが異なります。

現在、イギリス口座を開設されているお客様は、引き続き最大レバレッジ500倍の強みをもつバミューダ口座の開設をご検討ください。

Iron FX バミューダ口座

IronFXイギリス口座のメリット・デメリット

IronFXのイギリス口座は、ESMAによりレバレッジ制限が実施されることで、海外FX口座の取引メリットが薄まります。

しかし、イギリスFCAの許認可と、万一の補償制度の面で安心を求めるお客様には、今後もイギリス口座は利用価値のある海外口座かもしれません。