Tradeview-Forex-CFD-FX-Cryptocurrency-Bitcoin-USD-Ethereum-Litecoin-Ripple-BitcoinCash

最大レバレッジ10倍の仮想通貨CFD

Tradeview(トレードビュー)では、最大レバレッジ10倍で、ビットコインなどの仮想通貨の証拠金取引が可能です。

また、2018年7月より、Tradeview cTraderでも仮想通貨取引の提供が始まりました。

Tradeview 公式サイト

Tradeviewの取り扱い仮想通貨CFD銘柄

Tradeviewで取引ができる仮想通貨CFDは、次の表でご確認ください。

仮想通貨 取引銘柄 レバレッジ 取引ソフト
Bitcoin BTC/JPY
(ビットコイン/日本円)
最大10倍 MT4のみ
Bitcoin BTC/USD
(ビットコイン/米ドル)
最大10倍 MT4
cTrader
Ethereum ETH/USD
(イーサリアム/米ドル)
最大10倍* MT4
cTrader
Litecoin LTC/USD
(ライトコイン/米ドル)
最大10倍* MT4
cTrader
Bitcoin Cash XBN/USD
(ビットコイン・キャッシュ/米ドル)
最大10倍* MT4
cTrader
Ripple XRP/USD
(リップル/米ドル)
最大10倍* MT4
cTrader
* MT4では、ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインとの取引ペアのレバレッジは、最大5倍までです。
** リップル (XRP/USD)における最小スプレッドは、1セントです。

Tradeview 詳細はコチラ

cTraderで仮想通貨CFD

Tradeviewでは、cTrader(Cトレーダー)で仮想通貨の証拠金取引が可能です。

仮想通貨取引における取引条件の違い

MT4とcTraderでは、いくつかの点で取引条件が異なります。

取引手数料は、15ドル/1 lot

仮想通貨の取引ペアにおける取引手数料は、1ロットあたり15ドルです。

cTraderは、スワップフリー

スワップは、MT4とcTraderで異なります。

買いスワップ 売りスワップ
MT4 ±〇〇 pips
(発生)
±〇〇 pips
(発生)
cTrader 0 pip
(なし)
0 pip
(なし)

MT4においては、買いスワップも売りスワップどちらもマイナスの場合があるので、注文が翌日へと跨ぐたびに証拠金が減る可能性があります。

cTraderの仮想通貨取引では、スワップが発生しませんので、スワップを気にせず長期的な取引が出来ます。

取引ロットは、最大25 lots

取引ロットは、取引ソフトで異なります。

cTraderでは最大25 lots、MT4では最大10 lotsです。

cTraderはスプレッドが広め

cTraderの仮想通貨取引ペアは、MT4に比べて、スプレッドがいくぶんか広い傾向にあります。

理由は、cTraderではスワップが発生しない反面、スプレッドが広いという状況です。

Tradeiewの取引ソフト(取引プラットフォーム)一覧

Tradeviewでは、利用できるほとんどの取引プラットフォームで仮想通貨の取引を提供しています。

  • MT4(MetaTrader4、メタトレーダー4)
  • MT5(MetaTrader5、メタトレーダー5)
  • cTrader(Cトレーダー)

*** 但し、週末の土日は、レートの配信を行っていないため、週末は仮想通貨の取引ができません。

Tradeview 公式サイト