ビットコインETN、米ドル建ては世界初

スウェーデンの取引所で、今週15日に米ドル建てのビットコインETN(上場投資証券)が上場した。

米ドル建てのビットコインETNは世界初。

ビットコインETNは、2015年から上場している

スウェーデンでは通貨・クローネ建てのビットコインETNが2015年から上場しているが、ここにきて米ドル建ての同じ商品も上場。

これでビットコインのデリバティブ商品がまた広がることになる。

ETN(上場投資証券)とETF(上場投資信託)の違い

ETF(上場投資信託)は株価指数や先物など他の金融商品に連動することを目的としている点でETNと似ている。

しかしETFは運用会社が連動元の資産を保有しているのに対し、ETNは裏付け資産を持たず発行体の金融機関が連動性を保証する。

アメリカでは、未実現のビットコインETFだが

アメリカではビットコインのETFがこれまで何度も申請され、その度にSEC(証券取引委員会)に却下されてまだ実現していない。

しかし米ドル建てのビットコインETNが実現したことで、ビットコインに連動する商品への投資の幅は広がった。

iFOREX 公式サイト


iFOREXコラムについて

iFOREXコラムは、海外FX会社 iFOREX (アイフォレックス)にて配信されている鳥羽賢氏による金融・経済にまつわる時事コラムです。海外FX会社の最新の動向や仮想通貨・暗号通貨などに関する金融業界コラムを配信中です。みんなで海外FXでは、注目度の高い話題を中心に鳥羽賢氏iFOREXコラムをピックアップしてご紹介しています。

過去のiFOREXコラムのピックアップ記事一覧は、コチラ

最新の記事や鳥羽賢氏につきましては、iFOREX 公式サイトでご確認ください。

iFOREX 公式サイト