新機能追加によるcTrader 3.3へアップデート

Spotware Systems Ltd.(スポットウェア・システムズ)が開発する海外FX取引ソフト cTraderへの新機能追加のお知らせです。

これまでcTrader(Cトレーダー)のバージョンは3.0でしたが、今回の新機能追加となるアップデートにより、バージョン 3.3へと変更となります。

cTrader 3.0における大幅なバージョンアップ後、トラブルなく、安定したサービスの提供が確認できたことで、今回チャートツールの拡張や管理画面の機能充実などを行います。

1. 簡単な表示チャート切替

現在の表示チャートにおける設定そのままに、簡単に他の希望銘柄のチャートへの切り替えが出来るようになります。

Easy Chart Symbol Changes cTrader has now a new efficient way to switch the symbol of an open chart while retaining a timeframe and other chart settings

2. 練行足(Renko)チャート表示

日本語では練行足チャートと呼ばれるチャートの表示形式での表示が可能となります。

設定は、1から100 pipsまで1 pip刻みで可能で、「Renko(レンコウ)」および「Range(レンジ)」を設定して、時間ベースのチャートに価格変動幅の要素を取り入れることが出来ます。

Range and Renko Bars The platform introduces the Range and Renko bars with a step from 1 to 100 pips that are now available for time-independent volatility-based price charting

3. チャート設定を色分け管理

チャートの設定を色分け管理することで、一つの銘柄のチャートを簡単に他の設定で確認、分析が出来ます。

Linked Charts Traders can now link trading symbol to the color and set this color for multiple charts with different settings to group them

4. タイムフレームの簡単切替

チャートの幅、タイムフレーム、変動(ボラティリティ)を軸としたチャート表示が可能です。

Favorite Timeframes Traders’ favorite frames for all tick-, time-, and volatility-based chart types are now available directly in the chart

5. マルチデバイスを一元管理

cTraderは、マルチデバイス対応で、設定などの管理もあらゆるデバイスで行うことが出来ます。

Manage Sessions on All Devices Since cTrader is a multi-device application, a possibility to manage sessions on different platforms and devices has been added

cTrader対応の海外FX会社