NISA(少額投資非課税制度)が2014年1月から実施されて、間もなく5年が経とうとしている。その後はジュニアNISAなども導入され、NISA自体はかなり定着してきた。しかしNISAの非課税期間が「5年」と定められているため、初期から利用している人は今年末までに何らかの対処をしなくてはならない。

2014年購入なら今年末

NISAとは

簡単にNISAについておさらいしておくと、NISAは年間120万円(2014~15年の購入分は100万円)までの少額で買った株式や投資信託の売却益に対し、税金が免除される制度だ。

2013年までは株式等の売却益に対する所得税は、地方税を合わせて約10%(10%+復興特別税)だった。

それを2014年から約20%(20%+復興特別税)にする代わりに、NISAを導入した。

NISAは、5年間非課税期間が定められている

そしてNISAには5年間という非課税期間が定められている。

言い換えると、株式等を購入してから5年目の末までに売却しないと、非課税期間が切れる。

2014年中に買ったものは、2018年末までに売却しないといけない。2015年中なら2019年末になる。

NISAスタート以来初めて「期間満了」

以上の仕組みから、2018年である今年末にNISAスタート以来初めて「期間満了」を迎える投資商品が出てくる。

そうなった場合放っておくとどうなるのか?あるいは何をすればいいのか?

放っておくとどうなるのか

まず放っておくとどうなるのかだが、2018年末でNISAの期間が満了する株式等は、何もしないと自動的に課税口座、つまりNISA以外の証券口座に移管される。

この場合来年以降に売却したら、普通に税金がかかる。あるいは自分で課税口座に移管することを選択することもできる。

ともかく期間満了後の1つ目の選択肢は、課税口座への移管になる。

2つ目の選択肢は、ロールオーバー

2つ目の選択肢は、ロールオーバーをして2019年のNISA枠に移管すること。

つまり2014年の枠を使った買った株式等を、期間満了後は改めて2019年の枠で買い直す。

ただしこの場合でも2019年の120万円の枠を使うことになるので、新規の購入はロールオーバーした残りの金額しかできない。

3つ目の選択肢は、売却

3つ目の選択肢は2018年末までに保有している株式等を売却すること。これは上の2つと違い、2018年末までに「投資を終わらせる」という選択肢でもある。

2018年末まであと3ヶ月

来年以降も資産を保有し続けたいなら、上の2つのどちらかを選ばなくてはいけない。

1番の課税口座への移管や、2番のロールオーバーを選択する場合、利用している証券会社(NISAを開設しているのが銀行なら銀行)にどのような手続きが必要か問い合わせ、そして手続きを実行することが求められる。

すでに10月になって2018年末まであと3ヶ月を切ったので、各証券会社もそろそろ案内を始める頃になる。

「5年後」の落とし穴にははまらないよう

NISA自体は便利な制度なのだが、今年末からやってくる「5年後」の落とし穴にははまらないようにして、NISAを十分上手く利用したい。

iFOREX 公式サイト


iFOREXコラムについて

iFOREXコラムは、海外FX会社 iFOREX (アイフォレックス)にて配信されている鳥羽賢氏による金融・経済にまつわる時事コラムです。海外FX会社の最新の動向や仮想通貨・暗号通貨などに関する金融業界コラムを配信中です。みんなで海外FXでは、注目度の高い話題を中心に鳥羽賢氏iFOREXコラムをピックアップしてご紹介しています。

過去のiFOREXコラムのピックアップ記事一覧は、コチラ

最新の記事や鳥羽賢氏につきましては、iFOREX 公式サイトでご確認ください。

iFOREX 公式サイト