資金を集めて仮想通貨に投資をするファンドが、15日に日本で公募を開始した。

ケイマン諸島の「ディジアセ」

このファンドは「ディジアセ」という名前で、管理会社はケイマン諸島にある「キャピタル・ストラテジーズ・トラスト-エポック・デジタル・アセッツ」、販売会社は「Teneo Partners」。

上限額を1,000億円に設定

日本で集める資金は上限額を1,000億円に設定している。

集められた資金はビットコインなどの主要通貨だけではなく、ICOや仮想通貨のマイニング等も含めた幅広い意味での仮想通貨で運用され、利益を狙っていく。

仮想通貨の投資の起爆剤になるか

ただし日本企業が運用・販売するファンドではないため、NISAを使って非課税で投資することはできないと思われる。

このファンドが日本における仮想通貨の投資信託やファンドの起爆剤になるかどうかが注目される。

iFOREX 公式サイト


iFOREXコラムについて

iFOREXコラムは、海外FX会社 iFOREX (アイフォレックス)にて配信されている鳥羽賢氏による金融・経済にまつわる時事コラムです。海外FX会社の最新の動向や仮想通貨・暗号通貨などに関する金融業界コラムを配信中です。みんなで海外FXでは、注目度の高い話題を中心に鳥羽賢氏iFOREXコラムをピックアップしてご紹介しています。

過去のiFOREXコラムのピックアップ記事一覧は、コチラ

最新の記事や鳥羽賢氏につきましては、iFOREX 公式サイトでご確認ください。

iFOREX 公式サイト