テックビューロ、臨時株主総会で仮想通貨事業の事業譲渡を承認

仮想通貨取引所・Zaifを運営するテックビューロが、19日に開催した臨時株主総会で仮想通貨事業をフィスコに譲渡することを承認。

これで事業譲渡は確定となった。

Zaifは、ハッキング被害補償困難なため、フィスコの支援を選択

Zaifは9月中旬にハッキングの被害に遭い、仮想通貨3種類・約70億円分が流出。

その内約45億円分が顧客の資産だったため、損失を補償する必要があった。

しかし自己資本で補償することが困難なため、フィスコから支援を受けることを選択。

テックビューロは解散予定

フィスコとの交渉は支援から仮想通貨事業そのものの譲渡へと発展し、今月10日には事業譲渡の意向を発表。

そして19日の臨時株主総会で承認されたと、22日に発表された。

テックビューロは事業譲渡後に仮想通貨交換業の登録を廃止し、会社を解散させる予定。

テックビューロの顧客は、譲渡を承認する必要がある

なお現在のZaifの顧客は、今後1ヶ月間に債権など権利関係をテックビューロからフィスコを譲渡することを承認する必要がある。

承認しない場合は債権もテックビューロに残る。

iFOREX 公式サイト


iFOREXコラムについて

iFOREXコラムは、海外FX会社 iFOREX (アイフォレックス)にて配信されている鳥羽賢氏による金融・経済にまつわる時事コラムです。海外FX会社の最新の動向や仮想通貨・暗号通貨などに関する金融業界コラムを配信中です。みんなで海外FXでは、注目度の高い話題を中心に鳥羽賢氏iFOREXコラムをピックアップしてご紹介しています。

過去のiFOREXコラムのピックアップ記事一覧は、コチラ

最新の記事や鳥羽賢氏につきましては、iFOREX 公式サイトでご確認ください。

iFOREX 公式サイト