金融庁が、仮想通貨の業界団体である「日本仮想通貨交換業協会」を、仮想通貨業界の自主規制団体として正式に認定したと24日に発表した。

自主規制団体

自主規制団体は自主規制機関とも呼ばれ、業界内のルールを定める期間として出版や映像などあらゆる業界に存在している。

そして金融業界では、日本証券業協会や投資信託協会などが存在する。またFXには金融先物取引業協会がある。

自主規制ルールの策定や会員企業の検査や処分などの権限をもつ

ここで日本仮想通貨交換業協会が自主規制団体として認定されたことで、仮想通貨業界も他の業界のように自主規制ルールを策定できる団体が存在することになった。

また自主規制団体は、会員企業に対して検査・処分といった処置を行う権限もある。

今年4月に発足、会員企業16社

日本仮想通貨交換業協会は今年4月に発足し、現在では仮想通貨取引所を運営する16社が会員企業になっている。

iFOREX 公式サイト


iFOREXコラムについて

iFOREXコラムは、海外FX会社 iFOREX (アイフォレックス)にて配信されている鳥羽賢氏による金融・経済にまつわる時事コラムです。海外FX会社の最新の動向や仮想通貨・暗号通貨などに関する金融業界コラムを配信中です。みんなで海外FXでは、注目度の高い話題を中心に鳥羽賢氏iFOREXコラムをピックアップしてご紹介しています。

過去のiFOREXコラムのピックアップ記事一覧は、コチラ

最新の記事や鳥羽賢氏につきましては、iFOREX 公式サイトでご確認ください。

iFOREX 公式サイト