仮想通貨の確定申告は、まだ効率的な方法が確立されていない感がある。そのため今週開催された政府税制調査会で、確定申告の方法を簡素化する案が出た。

現在の仮想通貨の確定申告はまだ複雑な面が残っている。仮想通貨を法定通貨と売買しただけではなく、買い物に使った場合でもその時のレートと仮想通貨購入時のレートが違うと、「利益」として計算し申告をしなくてはならない。

こういった個人にとって複雑でわかりにくい面を取り除くために、今後は簡素化を検討する。税制調査会で1つの案として発表されたのが、「仮想通貨の計算書」を個人投資家に渡し、その計算書に記載して申告する方法だった。「仮想通貨の計算書」は、各仮想通貨取引所のウェブサイト上で公開する方法が検討されている。

世界に登場して日が浅い仮想通貨は確定申告の方法も未整備な面が多いが、今後は改善されていくことが期待される。

iFOREX 公式サイト


iFOREXコラムについて

iFOREXコラムは、海外FX会社 iFOREX (アイフォレックス)にて配信されている鳥羽賢氏による金融・経済にまつわる時事コラムです。海外FX会社の最新の動向や仮想通貨・暗号通貨などに関する金融業界コラムを配信中です。みんなで海外FXでは、注目度の高い話題を中心に鳥羽賢氏iFOREXコラムをピックアップしてご紹介しています。

過去のiFOREXコラムのピックアップ記事一覧は、コチラ

最新の記事や鳥羽賢氏につきましては、iFOREX 公式サイトでご確認ください。

iFOREX 公式サイト