ちかごろ、海外FX会社では、投資家(トレーダー)から預かった資金の管理方法として、分別管理か信託分別管理のいずれかの資金保全方法を示しているケースが増えてきました。

ここでは、顧客から預かった資金を分別管理する意義や分別管理と信託分別管理の各用語の意味やその違いなどを詳しく解説します。

分別管理の必要性

証拠金の分別管理とは、顧客(投資家、トレーダー)から預かった資金・取引口座に入っている資金を金融機関(業者、海外FX会社)の自己資金や事業資金と分けて保全する管理する方法のことです。

分別管理(金融専門用語)

分別管理がされていない業者は、会社の体力(自己資本の健全性)等に疑いがあります。
また、大相場の時、自分の口座が多少動くだけで済むはずが「分別されない預かり資金を業者が勝手に運用して大損、突然の閉業と出金不可に」という最悪のケースも想定されます。

分別管理と信託分別管理

実は、分別管理には、信託分別管理(信託保全)と呼ばれる顧客が更に安心できる管理方法が存在します。

分別管理とは?

分別管理は、先に説明をした通り、海外FX会社が顧客(投資家)からの預かり資産を会社の運営に必要な資本と別々の口座に分けて管理する資産保全の方法です。

信託分別管理とは?

信託分別管理は、信託銀行や信託法人の管理する信託口座に顧客からの預かり金を預けて管理してもらいう資産保全の方法です。

信託分別管理では、顧客の預託資金は、適切な信託管理者によって「もしもの保障」まで管理が行われます。信託分別管理がされていれば、海外FX会社が倒産しても、顧客が預けた預託資金・預託証拠金は守られます。

分別管理の実情と実体

分別管理では、実情は海外FX会社が「分別管理している」と言い張ってしまえば、証明する信託者もいないため、これもまた何の保障もないものになってしまいます。

分別管理されていないことが度々トラブルに

また、過去には、日本国内・海外問わず、分別管理をうたっていても顧客からの預り資金を運用に回してしまうFX業者・金融機関が多く、分別管理の実行性が、この業界の大きな問題のひとつでもありました。

「顧客の資産が、どれほど安全に分別管理されているか」ということが、顧客から預かった資金の安全性の基本で安全・安心の大部分を占めていることから、近年は、分別保管・信託管理も海外FX会社のひとつのセールスポイントになっています。

また、信託分別保管などのこうした安全性をほこる管理・資産保全方法は、その資産保全を証明する番号と共に公表されることがほとんどです。海外FX会社やその他金融サービス・投資サービスを選ぶ際には、信託分別管理という点もしっかりチェックしましょう。

海外FX会社一覧