2019年1月15日にイギリスの下院で議決・採決される英国EU離脱合意案「ブレクジット」に関連した注意喚起です。

市場の動き次第で、IFC Markets (IFCマーケット)およびFxPro (FXプロ)では、新規注文の一時的な停止やレバレッジ制限などを行う可能性があります。

2019年1月15日 イギリス議会で、EU離脱案の採決実施

イギリスのEU離脱案 (欧州連合離脱案)に関して、英国下院採決が、2019年1月15日 火曜日に実施される予定です。

合意なき離脱「ブレクジット (Brexit)」と言われ、これまでイギリス国内での国民投票や、EUほか各国との協議が行われてきました。

イギリスは、いつEU離脱する予定なのか?

今回の下院採決で、早ければスケジュール通りに進めば、2019年3月29日には、離脱することになります。

ポンド関連銘柄の急激な市場の変化やスプレッド拡大、レバレッジ制限に注意

海外FX会社は、前回の (既に延期となった)イギリス下院採決の際、トレーダーに対して、GBP通貨ペアに限らず、イギリス関連銘柄のマーケットの変化と、それに伴う取引条件の変更、取引制限の事前予告を行ってきました。

「取引制限」実施の案内

現地時間で、2019年1月15日 火曜日に、再度実施される英国EU離脱合意案の採決時も同様のお知らせ・通知が予測されますので、最新のニュースにご注意下さい。

IFC Markets – レバレッジ制限など実施可能性あり

IFC-Markets-Brexit-British-England-EU-Leverage-Limit-Margin-Requirement-Spread-Volatiloty-Liquidity-Wide-Low-Markets-GBP

IFCMarkets (IFCマーケット)は、2019年1月15日に予定されれている英下院での「ブレクジット」の採決の結果が、英国ポンド GBPとのFX通貨ペアおよび関連市場で、ハイボラティリティーや、流動性の低下、スプレッド幅の拡大を招く恐れがあることをお知らせしています。

つまり、IFC Marketsとしては、トレーダーに対して、取引実施前の十分な確認・検討を行っていただくように促しています。

かつ、IFC Marketsでは、一時的に、次のような取引環境 (取引条件)の変更・制限を行う場合があります。

  • クローズドオンリーモードへの移行
    (新しい発注注文が出来ない)
  • レバレッジ制限/倍率の引下げ
    (証拠金率の引上げ)
  • スプレッド幅の拡大
    (買値と売値の価格差の広がり)

IFC Markets 公式サイト

FxPro – EU株価指数で、取引制限

FxPro (FXプロ)は、次の取引制限を2019年1月14日 月曜日より実施します。

  • EUの株価指数CFD銘柄 (インデックス)のレバレッジ制限: 最大50倍に制限 (証拠金率 2%)
  • スプレッド幅の変化対策 (可能性あり): 変動スプレッドと固定スプレッドの切り替え・変更
  • 新規発注注文の制限 (可能性あり): 決済注文のみのクローズオンリーモードへの変更 *

FxPro 公式サイト